FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
マツモトキヨシHDは,全国を7つのエリアに分け,関東,東海,関西はマツキヨ単体を中心に展開。その他のエリアはグループ企業と共何で事業を進めている。
 2015年10月,北海道・東北の東日本エリアは,ダルマ薬局,甲信越ではイタヤマ・メディコを,中国・四国はラブドラッグスを窟合。各エリアの集約と効率化を囲った。
 また同じ10月,グループ企業の卸売会社「伊藤秀商事」を合併消滅会社とし,日用雑貨卸最大手のPALTACを合併存続会社とする吸収合併を実施した。狙いは,マツキヨが目指す製,配,坂の垂直連携体制の推進。最大手卸に子会社を手放すことで,効率が図れるとともに,連帯強化の効果も得られる。

スポンサーサイト