FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


路線バスで宅配便 宮交とヤマト,荷物輸送で提携

 宮崎交通(宮崎市) http://www.miyakoh.co.jp/  とヤマト運輸,宮崎県,同県西都市(さいとし),西米良村(にしめらそん)は,昨年10月1日から,ヤマト運輸のトラックの代わりに宮崎交通の路線バスに宅配便の荷物を積んで輸送するサービスを行っている。取り扱い区間は,西都市中心部から中山間部の西米良村までの間。配達時は、西都市のバスセンターで路線バスに荷物を積み,同市東米良地区や西米良村の停留所まで運搬。停留所からは,ヤマト運輸の現地担当セールスドライバー(SD)が各家庭に配達している。
 集荷の際は,SDが東米良地区と西米良村で預かった荷物を地域内のバス停に運び,バスが西都市中心部のヤマト運輸の集配拠点へ届ける。配達用は1日1便,集荷用は2便運行している。

 福島県では,宅配の中間輸送をバス会社が担う提携がすでに行われているが,西日本では初めて。

 宮崎交通はヤマト運輸から輸送料を得て路線存続につなげる方針で「路線維持に悩むバス会社の新たな事業になる」と期待している。
 ヤマト運輸のメリットは,各地区担当のSDが,約50キロ離れた西都市中心部の集配拠点へ往復する必要がなくなり,担当地域での集配に専念できること。これにより,当日発送の集荷締め切り時刻が午後3時から5時に延長された。



●ニュースリリース ヤマト運輸株式会社  http://www.yamato-hd.co.jp/news/h27/h27_51_01news.html
   
 

西都市(さいとし)  http://www.city.saito.miyazaki.jp/

西都市は宮崎県のほぼ中央に位置し,車で宮崎市街地から約40分,宮崎空港から約50分のところにあります。かつては古代日向の都として栄え,『古事記』『日本書紀』に登場する伝承地が市内に数多く残るとともに,日本最大の311基の古墳が集まる国の特別史跡「西都原(さいとばる)古墳群」や,天正遣欧少年使節の正使としてローマ法王に謁見した伊東マンショが誕生した国の史跡「都於郡(とのこおり)城跡」があるなど歴史ロマンあふれるまちです。
  西都原台地には,春は桜2千本・菜の花約30万本が,秋はコスモス約300万本が咲き誇り,年間約100万人の観光客が訪れる県内でも有数の観光地です。また,野球やサッカーをはじめとした多くのプロ・アマチュアチームのスポーツキャンプ地としても知られています。

・人口:34,087 (平成17年10月1日 国勢調査)

 
西米良村(にしめらそん)  http://www.nishimera.jp/

・人口:1388人 (平成17年10月1日 住基人口)

スポンサーサイト