FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
参院選 注目の選挙区-山梨,岡山,長野

 今夏の参院選は,32ある改選数1の「1人区」が主戦場となる。また今回から鳥取・島根、徳島・高知が合区になるため45選挙区で1~6の改選議席を争う。その動向が注目される選挙区に,山梨,岡山,長野がある。

◆山梨選挙区
 山梨選挙区では,「参院民主党のドン」こと輿石東副議長の引退に伴い,自民,民主両党とも新人が立候補する見通しとなっている。
◆岡山選挙区
 岡山選挙区では,民主党の江田五月元参院副議長が「新陳代謝が必要」と引退を表明している。民主党は新人男性を擁立方針で、自民党は公募で決めた東京都北区議出身の新人女性を公認している。

◆長野選挙区
 長野選挙区で,民主党の北沢俊美元防衛相が引退表明した。長野は定数の「10増10減」の対象区で、夏の参院選から改選数2から改選数1の「1人区」になる。これまで自民、民主が1議席を分け合ってきたのが一変し、激戦が予想される。


スポンサーサイト