エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
東京一極集中が止まらない。総務省の2015年の人口移動報告によれば、東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)は11万9357人の転入超過となった。





スポンサーサイト
現在、大阪のホテル稼働率は90%を超えるなど全国でも有数の高水準をキープ。市内の予約は困難で、宿泊価格も平日でも1.3~1.5倍程度まで高騰している。

大阪の街の景観は大きな変化を見せている。LCC(格安航空会社)の発着点となる関西国際空港の利用者が激増したこともあり、市内では大挙する訪日外国人客を見ない日はない。その恩恵を受け、ホテルも大な影響を受けている。



 厚生労働省の人口動態統計を共同通信が分析したところによると,2014年に国内で生まれた赤ちゃん約102万人の3・40%、29人に1人は、両親が外国人か、どちらかが外国人で、計約3万5千人に上る。08年に最も高い3・44%となった後、景気後退の影響などで下がり11年は3%を割っていたが、最高水準に戻った。

  外国人の親を持つ約3万5千人中、1万5千人は両親とも外国人、2万人が外国人と日本人の子。 外国人と日本人の間の子は日本国籍を持つが、外国人支援関係者は家での会話が外国語だと日本語能力が伸びないと指摘する。文部科学省の調査で公立学校に「日本語指導が必要な日本国籍の子ども」が毎年増えている背景には、こうした事情があるとされる。

 なお,外国人の親に対応するため、人口の1割が外国人の東京都新宿区では、必要に応じ母子手帳の対訳集を提供し、一部施設での子どもの検診には通訳が待機するという

全国的に今後、保育や教育分野での対応が課題となりそうだ。

 一方、両親とも日本人という新生児は、前年から2万6千人減少して100万人を割り98万4千人だった。


 外国人を親に持つ2014年の新生児の割合が高い都道府県は(1)東京(5・92%)(2)愛知(4・93%)(3)群馬(4・81%)-の順で、神奈川、埼玉、三重、千葉(7位)、大阪、岐阜、静岡も4%台だった。
 親の国籍のうち、父、母とも最も多いのは中国で、2位は父が韓国・朝鮮、母がフィリピン、3位は父が米国、母が韓国・朝鮮だった。

 千葉県内では2050人(4・30%)と2千人台、4%台に。比率では全国で7番目に高く、23人に1人の割合。 千葉県内は12年3・77%(1870人)、13年3・75%(1838人)と横ばいだったが、14年は4・30%(2050人)と増加に転じた。
埼玉県が「うどん県」目指す! 香川県に挑戦状?

「うどん県」といえば、讃岐うどんで知られる香川県であるが,埼玉県の「うどん好き」が「香川を超える『うどん県』にしよう」として名乗りを上げた。

埼玉県内のうどん店を巡って、フェイスブックなどで情報を発信する「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」は、うどん店への来店客を増やし、「うどん熱」を盛り上げようと呼びかけている,

農林水産省の「米麦加工食品生産動向」によると、2009年のうどんの生産量(生めん、ゆでめん、乾めんの合計)は、香川県が5万9643トンで第1位,埼玉県は2万4720トンの第2位,

うどん店の店舗数は、埼玉県は1905軒で第2位,香川県は657軒で15位だった(NTTタウンページ調べ),しかし、人口10万人あたりの店舗数では、香川県がダントツの1位で65.97軒,埼玉県は26.48軒である。

さらに、総務省の家計調査による「うどん・そば消費量ランキング」(1世帯あたり年間消費金額)では、第1位は香川県の1万2570円,埼玉県は6715円の第8位と、水をあけられている,

香川県といえば、自他ともに認める「うどん県」。一方、埼玉県も江戸時代から長い日照時間を活かして小麦の栽培が盛んだった,うどんを食べる習慣が根づいていて、加須市や熊谷市、鴻巣市などは、県内有数の小麦の作付け地域で、生産される小麦の約9割がめんに向いているとされる,

 県内各地には「ご当地うどん」があって、毎年6月25日を「うどんの日」と定めている「加須うどん」、「熊谷うどん」や、めんの幅が5センチメートル以上ある「川幅うどん」(鴻巣市)、深谷市の「煮ぼうとう」や川島町の「すったて」などが有名である。










「生活費世界一」はシンガポール,2015年ランキング大きく変化

 為替相場の激しい上下動やインフレスパイラル、物価の急落などが、世界の生活費ランキングに変動をもたらしているとする年次調査結果が3月10日,発表された。ランキングでは、東京の順位が下がり、上海(Shanghai)が急浮上した。

 英経済誌「エコノミスト(Economist)」の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」がまとめた生活費指数によると、政情不安と世界経済の変動によって同ランキングが激しく入れ替わった。調査対象の133都市のうち、昨年と同じ順位にとどまったのは8都市のみだった。

 日本の首都東京は、過去20年間ほとんど常に同ランキングの首位に立っていたが、大幅な円安により一気に順位を下げた。東京は今回、世界ランキング11位で上海と同じ物価水準となった。
 またブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)は、通貨レアルの急落により相対的に生活費が下がったことを受け、順位を52ランク下げ113位だった。

 アジアの複数の都市では、一般的な食料品価格が上昇傾向にあり、日常の食費は韓国ソウル(Seoul)が最も高かった。また欧州の都市では娯楽費が高い傾向があった。EIUによる世界の生活費ランキング上位10か国は以下のとおり。

1 – シンガポール

2 – スイス・チューリヒ(Zurich)、香港(Hong Kong)

4 – スイス・ジュネーブ(Geneva)

5 – 仏パリ(Paris)

6 – 英ロンドン(London)

7 – 米ニューヨーク(New York)

8 – デンマーク・コペンハーゲン(Copenhagen)、韓国ソウル、米ロサンゼルス(Los Angeles)



世界一「革新的な都市」はロンドン、東京は10位

                                               2015年12月

 豪シンクタンク「2thinknow」が毎年発表する「世界の革新的な都市」指数(Innovation Cities Index)2015年版で、英ロンドン(London)は欧州で最初に世界経済危機への対応に革新的戦略を導入した首都として高く評価され、米シリコンバレー(Silicon Valley)やオーストリアのウィーン(Vienna)、米ボストン(Boston)など過去に1位を獲得した都市を抑え1位に選ばれた。

 5位には韓国のソウル(Seoul)が入り、6位以下は米ニューヨーク(New York)、オランダ・アムステルダム(Amsterdam)、シンガポール(Singapore)、仏パリ(Paris)、東京と続いている。

 なお最近,順位を上げている都市として、27位のスペイン・バルセロナ(Barcelona)、40位の中国・北京(Beijing)、48位の露サンクトペテルブルク(St Petersburg)、52位の台湾・台北(Taipei)、56位のスペイン・マドリード(Madrid)、61位のアイルランド・ダブリン(Dublin)、74位のインド・ムンバイ(Mumbai)、99位のポルトガル・ポルト(Oporto)などの存在感が際立っている。

 中東諸国では、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)が23位に、アブダビ(Abu Dhabi)が42位に、トルコ・イスタンブール(Istanbul)が95位に入った。

 全体では,北米の都市が31%を占めル一方,,アジアの都市も19%まで増えている。

 「世界の革新的な都市」指数の全リストは、http://www.innovation-cities.com/indexesに掲載されている。

 地域の食文化。福島県内だけでも好まれる地酒が全く異なる。「郡山なら花春、少し東に行けば三春駒。福島なら奥の松に第七。さらに会津でも好まれる蔵元は違う」。


「地方銀行」の経営懸念が再燃した マイナス金利で「合併」加速へ


日銀のマイナス金利導入で、地方銀行の収益低下懸念が強まっている。長期金利が初めてマイナスとなり、資金の運用難や利ざやの縮小が避けられないためだ。

金融庁は地銀が収益確保のためにリスクの高い運用に走らないか監督を強める構え。市場では、地銀の再編が一段と加速すると予想する声も出始めた。


「罰金」導入で銀行株は軒並み急落

「収益環境がさらに厳しくなることを覚悟しなければ」。2月9日、長期金利の代表的な指標である新発10年物国債の流通利回りが初めてマイナスをつけたことを受け、ある地銀幹部はため息をついた。日銀のマイナス金利導入(1月29日決定、2月16日実施)に、世界経済の先行き不安が追い打ちをかけ、安全資産とされる国債に投資資金が殺到。長期金利は当面、低迷しそうな雲行きだ。

長期金利低下の引き金になった日銀のマイナス金利は、銀行が日銀に預けているお金の一部にマイナス0.1%の金利をつけるというもの。これまで銀行は、日銀にお金を預けていれば0.1%の金利がついた。しかし、今後は眠らせているお金を融資や投資に回さなければ「罰金」をとられる形になる。このため、国債へ資金を移す動きが加速しているのだ。

日銀のマイナス金利導入決定を受け、銀行の収益が悪化するとの懸念から、銀行株は軒並み下落した。ただ、日銀は銀行経営が大打撃を受けないよう、マイナス金利の適用範囲を銀行が預けているお金の一部にとどめており、「罰金」による収益への影響は大きくないとみられている。その額は全体で10兆円レベルにとどまるとされる。これだけなら、銀行経営への直接の影響は限られる。


収益圧迫から「ハイリスク商品」に手を出す可能性

しかし、地銀が恐れているのは、長期金利のマイナス化による貸出金利のさらなる低下だ。ただでさえ、資金需要の伸び悩みや金融機関同士の競争激化を受けて貸出金利は低下を続けてきた。今後は住宅ローンや企業向け融資の金利が一段と下がる一方、顧客離れにつながる預金金利の引き下げには限界があり、本業の貸し出しによる収益の減少は避けられない。

国債価格の上昇(金利は低下)により、当面は地銀が保有している国債も含み益が生じるため、「すぐに地銀の経営が悪化することはない」(金融庁幹部)。しかし、中長期的には国債の運用利回りも低下する。市場では「預金を集め、担保を取って融資し、余ったお金で国債を買うという伝統的なやり方だけでは立ちゆかなくなる」(アナリスト)との厳しい見方が大勢だ。

金融庁は、運用先に困った地銀が、収益確保のためにハイリスクの金融商品の運用を増やす可能性があるとして、十分なリスク管理体制をとっているか、監督を強める方針。従来から地銀に対して、担保に頼らない融資を増やし、収益力を強化するよう求めてきたが、一段とハッパをかける構えだ。金融庁幹部は「ベンチャー企業など将来性のある貸出先を掘り起こしたり、取引先の紹介やM&A(企業の買収・合併)の支援などさまざまなサービスを提供したりすれば、まだまだ利ざやや手数料は稼げるはずだ」と指摘する。

ただ、新たな収益源を確立できない地銀は、苦境に立たされそうだ。市場からは「利ざやの縮小を貸し出しの量で補うのも限界。さらに量を増やそうして『規模の利益』を追求するとすれば経営統合しかない」(アナリスト)との見方が強まっている。マイナス金利が地銀の再編を一段と加速させることになるのかも、一つの注目点である。


  福島第1原発でローソンがオープン,作業員休憩所に開店

 東京電力福島第1原発構内にある大型休憩所に1日、コンビニエンスストア「ローソン東電福島大型休憩所店」がオープンした。店舗は第1原発正門近くに昨年6月に完成した大型休憩所の中にある。

 日曜休業で、午前6時~午後7時まで開業し、作業員に食料品や日用品を販売する。東電は、1日7000人が働く廃炉作業員の労働環境の向上につながると期待している。

 東電は作業員の労働環境改善のため、コンビニ大手に出店を要請していたが、原発事故から5年を迎えるのを前にローソンが応諾した。

 店では,おにぎりやスナック類、飲み物のほか、下着などの日用品を含め計1000品目を販売する。店内での調理が必要な総菜類や、アルコール飲料などは置かない。
 
 Convenience store opens at stricken Fukushima No. 1 nuclear plant


  A convenience store opened on the Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant grounds on March 1, catering to the daily workforce of 7,000 at the disaster-stricken complex.

The approximately 50-square-meter outlet of major convenience store chain Lawson Inc. is on the second floor of a nine-story rest house that opened in May last year. Among the some 1,000 items on offer are foods such as rice balls and sandwiches, along with daily necessities.

The store, however, will not sell alcoholic drinks and items that will generate bulky garbage, such as canned or bottled beverages and lunch boxes in plastic containers.

The store is open from Monday through Saturday between 6 a.m. and 7 p.m.