エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


>>>静岡県の人口,5月は1026人増で369万344人

 静岡県のまとめによると,5月1日現在の静岡県の推計人口は369万344人で,前月から1026人増えた。

 人口動態の内訳は,出生数と死亡数の差を表す自然動態は891人の減少だった。転入と転出の開きを示す社会動態は1917人の大幅増となった。
 ただし,転勤,進学に伴う転出届の提出が集中する前月の人口減少数は6864人となっており,年度替わりの静岡県の人の出入りは大幅な転出超過だった。

 前月に比べて推計人口が増加したのは16市町で,増加人数が最も多かったのは御殿場市の493人で,長泉町の292人増,湖西市の229人増,藤枝市の218人増などが続いている。
 逆に減少数が多かったのは浜松市(159人減),沼津市(81人減),富士宮市(68人減)など。


 なお,転勤,進学に伴う転入届が毎年この時期に集中することから,5月1日現在の静岡県の推計人口は例年増加する傾向にある。
スポンサーサイト
 自治体に寄付すると住民税などの負担が軽減される「ふるさと納税」が中国地方で急増している。総務省が14日発表した調査結果によると,中国5県(県と市町村の合計)の2015年度の寄付金額は136億400万円と14年度に比べ2.8倍に増えた。

県別では,岡山県が6倍の12万5622件,寄付金額も11倍の45億4900万円と急増し,件数,金額とも最多。増加が著しいのが岡山県備前市で,寄付金額は27億1500万円と14年度に比べ89倍と急増,中国地方の市町村で最多となった。同市は急増の理由を「15年4月時点で『タブレット端末を返礼品として扱う自治体』と多くのメディアに取り上げられたことが大きい」と分析する。

 寄付を大きく伸ばした自治体では,返礼品の拡充や宣伝強化が奏功している。島根県浜田市は20億9300万円の寄付を集めた。返礼品の商品を15年度末は300品目以上に拡充したことなどが寄与した。プロテニス選手の錦織圭氏の好物として有名になったノドグロの一夜干しなど,話題性の高い商品も注目を集めた。

 山口県萩市も寄付額が約12倍と大幅に増えた。大河ドラマ「花燃ゆ」放映や世界遺産登録による宣伝効果が大きかった。人気が集まった返礼品は地元の地ビール「チョンマゲビール」。市企画政策課は「大河のラベルを使ったほか,名前の面白さも注目された」と話す。

 鳥取県で最も寄付を集めた米子市は,寄付金額が54%増の7億3100万円になった。15年度から米子高島屋(米子市)と提携し,鳥取和牛や松葉がになどの高級食材も選べるようにした。16年度は商品数を増やすほか,県人会などを通じたPRを強化する。

参院選岩手選挙区 「小沢王国」危機 永田町での影響力はガタ落ち


 生活の党の小沢一郎代表のおひざ元,岩手選挙区(22日公示,7月10日投開票)(改選数1)は「小沢王国」と呼ばれてきた。だが,小沢氏の影響力低下に伴い,王国崩壊の様相にある。2013年の前回参院選では,無所属の平野達男元復興相にトリプルスコア近い大差をつけられて,公認候補が3位で落選した。

 背水の陣となる今回は,生活の党の主浜了副代表を,民進党と共産党,社民党との野党統一候補として出馬させる準備を進めていた。だが,主浜氏は4月末,「家族の介護」を理由に突然,引退表明した。

 そこで小沢氏は,自らの元秘書で岩手県の達増拓也知事の秘書も務めた元県議の木戸口英司氏を野党統一候補に担ぎだした。民進党は畑浩治元衆院議員の擁立にこだわったが,は畑氏を次期衆院選で岩手2区の統一候補とすることで折り合った。共産党は出馬予定だった吉田恭子氏を比例代表に回した。ようやく、木戸口氏の一本化で動きだした
 前回圧勝した平野氏は,自民党の田中氏の支援に回る。

 前回参院選では,安倍晋三首相が選挙区入りするなど力が入ったが,今回も5月末,石破茂地方創生担当相が入り,虎視眈々と小沢王国の取り崩しを狙っている。

【岩手選挙区,主な立候補予定者】(定数1)

・田中 真一49  自新

 石川 幹子51  幸新

・木戸口英司52  無新


>>>
関連情報  生活の党「谷亮子氏」,参院選に不出馬表明

 生活の党の谷亮子参院議員(比例代表)は6月9日,来月の参院選に出馬しない意向を記者団に表明した。野党の比例統一名簿の実現が見通せず,再選は困難と判断したことが理由と説明している。


 宮城県議会議長の安部孝自民党県議(60)は,政務活動費(政活費)の不正支出問題で議長職を辞任する。15日開会の県議会6月定例会で許可される見通し。安部氏は宮城県松島町出身。松島町議3期を経て1999年県議に初当選し,連続5期。議長就任は昨年11月で、在職期間は約6カ月間。

  安部氏の政活費を巡っては、仙台市民オンブズマンが3回にわたり監査請求。1回目に不正を指摘した2009年4月~15年3月に仙台事務所分として支出した545万円分に関し,県監査委員は4月上旬,光熱費の一部など約42万円を不当利得と認定した。
 オンブズマンは3月下旬,後援会主催の会合費を自己負担したように見せ掛けて約12万円をだまし取ったとして,詐欺の疑いで仙台地検に告発している。
 。
利根川水系のダム貯水率,過去最低

2016-06-tone-dam01

                      出典:http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000647855.pdf

 国土交通省関東地方整備局 http://www.ktr.mlit.go.jp/ の発表によると,首都圏の水がめともいわれる、利根川水系の矢木沢ダム,渡良瀬貯水池など8つのダムの貯水量が,過去最低となった。6月7日0時現在の利根川上流8ダムの貯水量は,2億2,562万立方メートルで貯水率は49パーセント(平年に対し57パーセント)である。この数字は1992年に観測を始めて以降最低である。

 雪解けの水がダムに流れ込み,今年4月下旬には、薗原ダムを含む5つのダムが満水になったが,その後あまり雨が降らなかったため貯水率が下がっている。

⇒⇒ 国土交通省 関東地方整備局 ⇒⇒ 渇水対策支部を設置しました -利根川ダム統合管理事務所-
                 http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/tonedamu_00000066.html


福島県 甲状腺がん,30人に増加=18歳以下検査2巡目検査で

時事通信の報道によると,東京電力福島第1原発事故による影響を調べるため,福島県が事故当時18歳以下(胎児を含む)だった県民を対象に実施している2巡目の甲状腺検査で,福島県は6日,3月末時点で30人が甲状腺がんと診断されたと発表した。

 福島県は,昨年12月末時点の16人から30人に増加した原因は不明としているが,「甲状腺がん発生は原発事故の影響とは考えにくい」との見方を変えていない。

 2巡目の検査は,約38万人の対象者のうち約27万人で完了。「悪性ないし悪性の疑い」と診断されたのは57人(昨年12月末時点は51人)で,このうち30人が手術により甲状腺がんの確定診断を受けた。 
5日 東海以西で雨 関東も梅雨入りか

4日,前線や低気圧の影響で、九州から東海地方にかけて曇りや雨となり,九州北部・南部、中国、四国、近畿、東海と一斉に梅雨入りとなった。

4日夜からは関東甲信地方でも雨の可能性があり,早ければ5日に梅雨入りとなる。梅雨入り早々、局地的に強い雨になるから,、足元にご注意を。雨具やレインブーツなど,梅雨時に使えるグッズの見直しをお忘れなく。

<4日に発表された梅雨入り>
       平年差   昨年差
九州南部 4日遅い 2日遅い
九州北部 1日早い 2日遅い
四国   1日早い 2日遅い
中国   3日早い 2日遅い
近畿   3日早い 1日遅い
東海   4日早い 1日遅い

>>>中国・四国と九州地方が梅雨入り

  気象庁は4日午前,中国,四国,九州の各地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。

 平年に比べ,中国地方は3日,四国と九州北部(山口を含む)地方はともに1日早く,九州南部地方は4日遅い。気象庁によると,中四国や九州では,低気圧の影響で今後1週間ほど,雨や曇りの日が続く見込みです。

 -----

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ★センズ アンブレラ mini  最強の傘  壊れない傘 (全429件 リストアップ)★

>>>持ち運び便利な女性用レインブーツ アキレス

---

 アキレスの女性用レインブーツ「Fit


名古屋市 人口230万人を突破 

 名古屋市の人口が今月1日付で230万1082人となり、230万人を突破した。220万人を超えた2004年6月以降、約12年で10万人増えた。

 政令市では横浜市、大阪市に次ぎ3番目の規模。市内の有効求人倍率が全国値を上回っていることなどから、周辺自治体から若い世代の転入が増えている。出生数より死亡数が多い「自然減」の傾向にあるものの、転入者が転出者より多い「社会増」が寄与した。

 地区別では,宅地開発が進む市東部とともに,市中心部が増加している。