エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
石原兄弟“落選危機” 豊洲疑惑直撃 

 共産党は各小選挙区で2、3万票を持っており、これが野党統一候補に流れると、石原兄弟“落選”は,現実の問題となる。

 石原兄弟の三男の宏高氏は東京3区(品川区、大田区の一部)が地盤で、前回の2014年衆院選では、11万5623票を獲得して当選した。だが、民共連携が成功した場合、前回の得票数を当てはめると、民進党の松原仁元国家公安委員長は14万5648票(民主党票+共産党票)となり、宏高氏は約3万票もの大差を付けられて小選挙区の議席を失うのだ=別表参照。

 長男の伸晃氏は東京8区(杉並区)で、14年衆院選で11万6193票を獲得して当選した。これも民共連携ケースで単純計算すると、民進党候補は11万1136票となり、ほぼ横並びになる。
スポンサーサイト
鹿児島県 人口減少と高齢化 一段と進む


26日発表の,2015年実施の国勢調査の確定値によると,2015年10月時点の鹿児島県の人口は戦後最も少ない164万8177人と,前回の調査(2010年)より5万8065人,率にして3.4%減少した。一方,65歳以上の高齢者の数は47万9734人と,前回より3万人余り増え,県の人口の29.44%を占め,高齢者の割合=高齢化率は2010年調査より2.9ポイント上がった。

鹿児島県内43の市町村のうち,2010年調査に比べて人口が増えたのは,姶良市と十島村のみで姶良市で364人,十島村で99人増であった。
そのほかすべての市町村は人口が減少し,鹿児島市では6032人の減少と今回の調査で初めて減少に転じた。次いで,薩摩川内市で3513人,南さつま市で3265人の減少である。

また,県内の市町村で高齢化率が最も高いのが南大隅町で45.66%,次いで,錦江町で42.9%,肝付町で39.1%と,大隅半島や離島の町や村で特に高くなっている。

世帯数は,72万4690世帯と2010年調査より4696世帯伝承した。なお,一人暮らしの高齢者の数は11万741人と2010年調査よりも約8300人増え,高齢者全体の23%を占める。この数字は,東京に次いで全国で2番目に高い。

2015年の国勢調査のデーターは,鹿児島県内での人口減少と高齢化が全国平均よりも速いペースで進んでいることがを如実に示している。
シャープ,国内生産再編 電子部品の三原工場閉鎖へ

 16年3月期の連結最終赤字が2559億円だったシャープは,電子部品を生産する三原工場(広島県三原市)を2017年にも閉鎖し,広島県内のスマートフォン(スマホ)のカメラ部品などを製造している福山工場(福山市)に集約する。液晶テレビの栃木工場(栃木県矢板市)の縮小も検討する。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入り,経営再建へ向けて構造改革を始動させる。


 三原工場は発光ダイオード(LED)や半導体レーザーを生産しており,現在の従業員数は約300人。稼働率が伸びず,生産を福山工場に移して効率化する。雇用は原則維持する考え。

 今後,液晶テレビ「アクオス」を生産する栃木工場やスマホの生産・開発拠点の広島工場(東広島市)が生産ラインの縮小の対象となる。広島工場では一部の施設や社員寮を売却。奈良県内には3つの生産・開発拠点があり,研究開発が主力の天理工場(天理市)は社員寮を売るほか,太陽電池の拠点である葛城工場(葛城市)も縮小する可能性がある。
10月21日(金)14時7分頃,鳥取県中部を震源とする最大震度6弱の地震が発生しました。震源の深さは約11km,地震の規模を示すマグニチュードは6.6で津波の発生はありませんでした。
鳥取県内で震度6弱以上の揺れを感じるのは,2000年10月6日に発生した鳥取県西部地震以来のこととなります。



>>>M6.6 quake hits western Japan, flattens houses

TOKYO, Oct. 21, Kyodo

A strong earthquake with a preliminary magnitude of 6.6 struck Tottori and other areas of western Japan on Friday afternoon, causing a temporary power outage and damaging buildings.

Some people sustained injuries in Tottori and Okayama prefectures following the 2:07 quake, the Fire and Disaster Management Agency said. Several houses were also flattened in Tottori and about 2,700 residents evacuated from their homes, according to local officials.

No tsunami warning was issued and no abnormalities were reported at nuclear power plants in the region.
青森県は男女とも長く「日本一の短命県」である。

青森県の平均寿命は、男性77.28歳、女性85.34歳。狭い国土にありながら、長寿日本一の長野県とは実に3年もの開きがある(2010年,厚生労働省調べ)。
 
しかも,青森では40代、50代という働き盛り世代も数多く命を落としている。都道府県別に10歳ごとの人口10万人当たり死亡率ランキング(2010年=男性)によると、青森県は「40〜49歳」から始まり、最も高齢の「80歳以上」に至るまで、すべての年代で死亡率ワースト1位である。

とりわけ働き盛りの世代の死亡率が高く,「40〜49歳」のグループでは,長野県の10万人当たりの死亡率が171なのに対して青森は323。。


女性として初めて都知事に就任の小池百合子氏。


 当選 小池百合子 2,912,628票(得票率44.49%)
 落選 増田寛也  1,793,453票(   27.39%)
 落選 鳥越俊太郎 1,346,103票(   20.56%)
 落選 上杉隆    179,631票(    2.74%)

  有効投票数6,546,362

東京都知事選で小池百合子氏が得た約291万票の得票数は、都選挙管理委員会のデータによると、歴代で4番目に多い。得票で最も多かったのは、2012年に猪瀬直樹氏が初当選して獲得した約433万票(得票率67.35%)。次いで1971年の故美濃部亮吉氏の約361万票(64.77%)、2003年の石原慎太郎氏の約308万票(70.21%)。

・初当選時の得票数では,猪瀬直樹氏に次いで2番目の多さであった。
・・都知事選の投票率は59.73%で前回より13ポイント余り上昇。前回、男性よりやや低かった女性の投票率は61.22%と,男性の58.19%を約3ポイント上回った。
.

⇒⇒ 小池ゆりこからのメッセージ ⇒ https://www.yuriko.or.jp/senkyo/









>>>池袋“新中華街”「日常の中国」




 東京・池袋に中国人が集中し「新チャイナタウン」と呼ばれるようになって久しい。この地域で昼間の中国人人口は約3万人,「店の数だけなら横浜中華街より多い」ともいわれる。池袋では横浜,神戸,長崎といった伝統的な中華街にはない「日常の中国」を体験できる。だが一方で,「中国系不良」の拠点化といった治安面では懸念される。

 池袋駅北口を出ると中国の食料・雑貨品店の看板が目に入る。通りを挟んだビルには食料品店や書店が出店している。そこから数百メートル四方に広がる繁華街の中は中国語の看板は点在する程度でそれほど目につかない。

 「一般の人には見えないが,ほぼ全部が中国系の店や会社といった雑居ビルがいっぱいある」と説明。食料・日用品のほか,飲食店,水商売から旅行社,自動車学校,保育園,理髪店まで何でもあると言い「誰も数えてないが,飲食店で200~300,全業種を合わせると600以上ある」という。

 中国人留学生らが池袋に集まり出したのは80年代後半。理由は(1)周辺に日本語学校が多いこと(2)都内中心部では比較的家賃が安いこと,さらに安い埼玉県の玄関口になっていること―などによる。

 「チャイナタウン化」で伝統的な中華街では手に入らない食材などを求めて来る日本人も増えるなど町が活気づいた半面,治安面の不安も。至るところで配布されているフリーペーパーには怪しげな広告があふれる。
沖縄に派遣の大阪府警の機動隊の言動-県民を土人呼ばわり



  沖縄県警によると、府警の機動隊員は2016年10月18日、東村の高江にあるN1地区(通称・Fルート)付近で抗議活動中の人々に「土人」と暴言を吐いた。「土人」は元来、土着の先住民を指す言葉ながら、現在はもっぱら未開で野蛮な人間を示す差別用語として使われる。県警の担当者は

  「マスコミ取材で指摘され、実際に確認すると事実だと判明した。大阪府警にはすでに伝えた」

と経緯を説明する。大阪府警の担当者によると、この機動隊員の年齢は20代だという。


>>>戒告の懲戒処分
 沖縄県の米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事の警備に当たる大阪府警の機動隊員2人が今月18日、工事反対派に「土人」「シナ人」と発言した問題で、府警は21日、不適切な発言で警察の信用を失墜させたなどとして、男性巡査部長(29)と男性巡査長(26)をそれぞれ戒告の懲戒処分とした。

 府警が不適切発言で職員を懲戒処分するのは初めて。府警は「県民を侮辱する意図はなかったが、個人的発言が許されない部隊活動での軽率な発言で社会的反響も大きく、厳正に処分した」としている。

 府警監察室によると、18日午前、移設工事に伴う警備中、巡査部長は「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」、巡査長は「黙れ、こら、シナ人」と工事反対派を前にそれぞれ発言した。

 巡査部長は「泥だらけの人を見た印象が残り、つい口にした。土人の意味は知らない」と釈明。巡査長も「反対派と対立する人たちが言い合いをする中、『帰れ、シナ人』と聞こえたので、つい乗ってしまった」と話し、2人とも「本当に申し訳ない」と謝罪した。



沖縄知事、問題発言で本部長と面談へ=公安委員長に見解確認―別の隊員も、県警謝罪               出典:時事通信 / 2016年10月19日 21時17分

 米軍北部訓練場(沖縄県東村など)のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設現場周辺で、機動隊員が不適切な発言をした問題で、翁長雄志沖縄県知事は19日、「侮辱する意味を含んでおり、言語道断で到底許されない」と述べた。指導徹底を求めるために今後、池田克史県警本部長と面談するとともに、県公安委員長に今回の問題について見解を確認することを明らかにした。

 県警によると、今月18日、東村高江で、建設に抗議していた人に対し、大阪府警から派遣された20代の男性機動隊員が「どこつかんどるんじゃ、ぼけ。土人が」と発言していた。この隊員は沖縄を離れ府警に戻ったという。

 翁長氏は「大変衝撃的な言葉で、県民に寄り添うというもの(政府の姿勢)から遠く懸け離れている。信頼関係という意味では厳しい」と述べ、不快感を示した。「機動隊は引き取ってもらいたいという気持ちはあるが、大阪の人だけ出て行け、というのは難しい」とも話した。

 県警は19日、別の機動隊員が抗議参加者に「シナ人」と発言していたことを明らかにし、「不適切な発言で、極めて遺憾だ」と陳謝した。

 県警によると、18日午前9時30分ごろ、右翼関係者と抗議していた参加者が口論となった際、大阪府警から派遣されていた機動隊員が間に入った。参加者から「目が血走っている」などと言われた20代の機動隊員が「黙れ、こら、シナ人」と発言した。

 隊員は「興奮して思わず言ってしまった。差別的な認識はなかった」と話しているという。県警は「差別的発言ととらえられかねない」としている。 

>>>警察官が言ったことが問題だ 「土人」と言われた芥川賞作家、その時何を思ったか

         出典: 沖縄タイムス http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/67535
          
 東村高江の米軍北部訓練場周辺で、警備活動中の大阪府警機動隊員が抗議する芥川賞作家の目取真俊さん(56)に「触るな。土人」と差別発言した。目取真さんに20日、当時の状況などを聞いた。

-発言をどうみるか。

 「これまで隠れていた沖縄差別の根っこの部分が地面に露出した。沖縄を差別している『ネトウヨ(ネット右翼)』ではなく、警察官が言ったことが問題だ。本来はヘイトスピーチを取り締まる側で、人権に配慮して指導する立場。それが勤務時間中に平然とひどい言葉を口にした。警察の劣化であり、このような警察官が沖縄に来て、住民弾圧の先頭に立っていることが恐ろしい」

 -発言の背景は。

 「『土人』という言葉には古くからの沖縄差別の歴史があり、インターネットを通して若い人たちに広がっている風潮がある。『シナ人』発言も同じだ。沖縄2紙が北朝鮮の手先だというデマもネット上で出回っている。日本がおかしな社会になっていると思う」


-言葉を耳にした時は。

 「当初は理解できず、『老人』と聞こえた。自分は年寄りでもないのに、何でそんなこと言われないといけないのかと。後から『土人』と発言していたと知った。今どきの若い人が差別的な言葉で人をばかにすることに驚き、怒りよりもあきれてしまった」

 -全国的に差別発言が問題になっている。

 「このような風潮は他府県に住んでいる県人にとって怖いことだろう。70年代まで、本土で就職したらひどい言葉を投げつけられたこともあった。80年代からの沖縄ブームで、具志堅用高さんの活躍や歌手の安室奈美恵さん、SPEEDらが人気になり、沖縄はかっこいいものとされた。観光も好調でプラスのイメージが根付いていたように見えたが全て打ち消された」

 「辺野古への新基地建設は構造的差別と言われ続けてきたが、それは政治的な意味だった。今回の侮辱発言は面と向かいあった人間関係の中で出てきただけに生々しく、差別をよりリアルに感じた」




>>>「土人」発言問題 松井知事「過激すぎ」 工事の反対派に見解
     2016.10.20 15:30 source:http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/161020/plt16102015300007-n1.html

 沖縄県の米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯建設工事の警備に当たる大阪府警の機動隊員が、工事に反対する人々に「土人」と発言した問題について、大阪府の松井一郎知事(日本維新の会代表)は20日、「発言は不適切だが、個人を特定して鬼畜生のようにたたくのはやり過ぎだ」との見解を述べた。府庁で記者団に語った。

 松井氏は発言について、「相手もむちゃくちゃ言っている。売り言葉に買い言葉で言ってしまう」との見方を示した上で、「混乱を引き起こしているのはどっちなのか。反対派の皆さんも、反対行動があまりに過激なのではないかと思う」と述べた。

 この問題をめぐって松井氏は19日夜、自身のツイッターに「表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様」と投稿。批判が相次いでいた。

 一方、警察庁の坂口正芳長官は20日の記者会見で、機動隊員の発言について「不適切であり、極めて遺憾」と述べた。




●沖縄ヘリパッド 機動隊派遣中止求め監査請求 都民が都に
          出典:「毎日新聞 」http://mainichi.jp/articles/20161017/rky/00m/010/009000c


 東京都内の市民団体「警視庁機動隊の沖縄への派遣中止を求める住民監査請求実行委員会」ら314人の都民が10月17日,米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で警視庁機動隊員が派遣されているのは違法,不当な公金支出だとして,東京都監査委員に対して住民監査請求書を提出した。請求人らは今回の監査請求を機に,北部訓練場周辺に機動隊を派遣している他の府県にも運動を広げていきたい考えだ。

 請求人らは「沖縄の人々に理不尽な犠牲を強いるヘリパッド強行建設のための機動隊派遣に,自分たちの税金を使っていいと認めた覚えはない」などと指摘し,速やかな派遣中止を求めている。提出後,記者会見した同実行委員会の田中祥二代表は「機動隊は高江でやりたい放題の状況が続いている。検問をして,市民をロープで縛り,歯止めがない状況だ。それをやっている税金が私たちの都税なので,そういうことに残念ながら加担してしまっている。その立場を絶対に認めたくない」と述べた。

 請求人らの代理人を務める宮里邦雄弁護士は「(警察の活動は)住民の安全や災害であれば,それなりに合理性があるが,今回自治体の枠を超えて,機動隊が沖縄まで出ているのは,住民の要望があるからでもなく,住民の安全確保ではない。強い政治的な意図の下に,沖縄に派遣されている。これは本来の自治体警察の在り方,原則から見ても曲がっている」と指摘した。

 主な請求人は高畑勲氏(アニメーション映画監督),ジャン・ユンカーマン氏(映画監督),古関彰一獨協大名誉教授,千葉眞国際基督教大教員,西谷修立教大特任教授,上村英明恵泉女学園大教授,太田昌国氏(文筆業),小森陽一東京大大学院教授,森住卓氏(写真家),大仲尊氏(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック共同代表)    【琉球新報電子版】(琉球新報)


生涯未婚率とは,50歳までに一度も結婚をしない人の割合を指す。
国立社会保障・人口問題研究所の調査によると,2010年の独身者は男性が20.1%,女性は10.6%である。
>>>「焼酎特区」の新設検討…少量製造に免許

 政府は,焼酎の少量製造を認める「焼酎特区」の新設について検討に入った。政府は地域ごとに特徴のある焼酎を造りやすくすることで,地方経済の活性化につなげたい意向である。

 酒税法に基づく焼酎の製造免許を取得するには,酒税をきちんと納められる製造規模が必要だとして,1年間で最低10キロ・リットルを製造する必要がある。だが,特区ではサツマイモなど地域の特産品を原料とする場合に限り,より少ない製造量でも免許を与える。

 現在,製造免許を取得するのに必要な量は,ボトル(720ミリ・リットル)換算で1万4000本近くに相当する。離島や中山間地域など人口規模の小さい地域では従業員や原材料の確保などが難しく,東京都の御蔵島村や檜原村から規制緩和を求める声が出ていた。






  テツandトモのブレイクは2003年。青いジャージを着てギターを引きながら歌うトモと、音楽に合せて踊るテツの2人が織りなす芸「なんでだろう」は2003年の新語・流行語大賞にも選ばれた。

 一般に、流行語大賞に選ばれた芸人は一発屋で終わると言われがちだ。だが、あれから13年。彼らはその定説を見事に覆し、全国各地を駆けまわり、CDデビューまで果たしている。今年4月にリリースされた両A面の3rdシングル「
泥の中の蛍/おんなじ空の」は本格的な歌謡曲に仕上がったナンバーだ。

 いったい、はなぜ全国各地で呼ばれるのか。そこには、単なる「再ブレイク」とは言い切れない彼らだけが持つ独自のパフォーマンスが隠されていた。


>>>テツandトモの“地方営業の戦略”がスゴすぎる「毎日新ネタをやっているようなもの」

           出典: 週刊SPA! 6月5日(日) http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160605-01124993-sspa-soci


 芸人の「成功」と言えば、キー局のバラエティ番組に出演し、レギュラーを勝ち取ることに収斂しがちな昨今。

 その点で、テツandトモの仕事はまったく新たな分野を切り開いていることがわかるだろう。既存の市場の中でパイを奪い合うのではなく、自ら市場をつくり、その中で最適なパフォーマンスを披露する。試行錯誤の中で確立された彼らの芸は、一朝一夕で身につくものではないことは、「毎日が新ネタ」という彼らの言葉に象徴されていると言えるだろう。


地方から引っ張りだこーテツandトモの“地方営業

――地方営業が増え始めたのはいつからでしょうか。

トモ:2006年から2012年3月まで、NHKで日曜日の番組をやらせていただいた関係で、長期間の地方営業はできなかったんです。なので、番組が終わった2012年4月以降がより地方の仕事が増えた時期だと思います。

――全国を回られていますが、どのようなイベントに出られることが多いのでしょうか。企業のイベントが多いのでしょうか?

トモ:企業さんもありますし、自治体さんもあります。会社設立記念パーティでしたり、企業さんのお客さまを招いての感謝の集いでしたり。それはもう全国津々浦々でありますね。

世の中、こんなにイベントってあるんだ、と私も芸人になって初めて知りました。

――一般的なお笑い芸人さんの地方営業といえば「どうも~!◯◯で~す!」から始まるコントじゃないですか。そのコントをいろんな場所で、いろんな企業の前で披露するわけです。ところが、テツandトモさんのステージはお客さんによってカスタマイズしていると聞きました。

トモ:そうですね。何が正しいステージなのか人それぞれでしょうけど、私たちの中では自分たちのネタを純粋に楽しんでもらうというのが一つの目標としてあります。

地方営業の場合、事務所によってステージ時間は様々です。15分もあれば30分のケースもあります。でも、15分となると自分たちのネタをするだけで時間がいっぱいになってしまいますよね。

「毎日新しい台本を渡されてネタをやっているようなもの」

 他の芸人の地方営業が15~30分というケースも少なくない中、テツandトモは1時間ステージの上で観客を楽しませることができる。それゆえ、彼らのステージの構成が、ほかの芸人とはまったく異なることは明らかだ。初対面の相手を1時間ものあいだ笑わせるために、彼らはいったい何をしているのだろうか。

トモ:ステージを披露する企業さんの中で知っていること、地方の自治体でしたらその場所の名産をネタに入れたりします。

いまイチオシの商品だったり、社員のみなさんがモットーとしていることなどを事前に楽屋でヒアリングするんです。毎年社員全員で社員旅行に出かける企業さんでしたら、社員旅行のエピソードなんかを入れるわけですね。そうすると「なんで知ってんの!?」と盛り上がるわけです。

――ヒアリングは具体的にどういった方にするのでしょうか。

テツ:呼んでださった担当の方です。部長さんでしたり、若手の方でしたり。20~30分ほどですかね。

――20分ほどの時間で、今日のお客さんならではの「あるある」を引き出せるものなのでしょうか?

テツ:それが難しいんですよ(笑)。ただ、パターンはある程度決まっています。たとえば「会社の前のバス停の名前が最近変わったのなんでだろう~」とか、「会社の最寄り駅はみんな利用するのに、急行止まらないのはなんでだろう~」とか、「業績上がってるのにボーナスもらえないのなんでだろう」とか(笑)。

ふだん皆さんが思われていることを、ヒアリングを通してうまくネタにはめて作っていくわけです。

――なるほど。でも、それは毎回ステージごとに違いますよね?

トモ:違いますね。20分のヒアリングを通して完成したネタを、ステージが始まる前に暗記するんです。なので、毎日新しい台本を渡されてネタをやっているようなものです。ただ、そのぶん笑っていただけた時のインパクトはすごいです!会場が1つになってすごく盛り上がります。

テツ:あとは、会社のスローガンも覚えますね。テツandトモのモットーと、会社さんが掲げているスローガンって方向性が同じようなこともあります。たとえば「お客様に対するおもてなしの心をもとう」とか。なので、会社さんのスローガンを覚えておいて、ネタの最中にサラリと口にしたりします。するとこれまた「なんで知ってんの!?」と拍手をいただける。

――20分でローカルネタを引き出すには何かコツがあるものなのでしょうか。

トモ:過去の企業さんで披露したネタを例に出すようにしてます。以前のお客さんの前ではオフィスが移転した話をネタにしましたとか、半年に一回部署が変わるのなんでだろうって言いましたとか。そうすると「あっ!それなら…」と思いついてくださるんですよね。

――スケジュールの過密さにも驚きますが、これだけ企業さんを前にしたステージが多いのはなぜでしょうか。どういったルートで仕事の依頼が入るのでしょうか。

トモ:依頼は事務所に連絡が入りますので、わたしたちも詳しくはわかりませんが、全国に支店がある企業さんですと、ある場所で行ったステージの評判がよくて、じゃあうちの支店でもぜひというケースはありますね。結果としてその企業さんの全国の支店や支社でネタをさせていただくことがあります。

◆「ひつまぶし」と言ったところで誰も「お~!」とはならない

――何回も行っている場所もあると思います。そうなると、情報が蓄積されてネタもどんどん深化していくのでは?

トモ:そうですね。ある町のステージだったら、町のローカルネタをやります。たとえば愛知県のある町に行くとしたら、愛知県という括りは広すぎるんです。「ひつまぶし」と言ったところで誰も「お~!」とはならなくて、町の地元のスーパーの話を入れ込むわけです。

テツ:そういったヒアリングで得た話はすべてネタ帳にぜんぶメモっていきます。ただ、書きだしたのは2年前で。それまでは書きとどめていなかったのでもったいないことをしました(笑)



林家たい平師匠との共通点

――全国どの場所でも笑いを取れそうです。これが地方から引っ張りだこの理由だったんですね。

トモ:とは言っても、30代のころは単にネタを披露するだけだったんですよ。地方のステージでは50代以上のお客さんがメインのケースが少なくありません。それで、50代の人たちは私たちを求めてないだろう、と思っていたこともありましたね。

それで、どうしたらこっちを向いてくれるのだろう、面白いとおもってくれるのだろうと考えて色々やってみたんです。

――試行錯誤ですね。

トモ:たとえば大きな声を出してみたり。でも、大きな声を出せば出すほど誰も聞かなくなるんです。逆に、何も声を出さないほうがみんな注目して聞いてくれる、なんてことがあったりとか。

――たしかに、大人数での宴会カラオケなんて誰も聞いていないことのほうが多いです。

トモ:それで色んな経験をしながら、現在の形になりました。地方営業でいまの形になったのは40代になってからですかね。

――同じネタを全国各地でやるコピペ的な手法ではなく、毎回ローカライズして、地元の人やその企業の人の「内輪ネタ」を意識的に入れ込むわけですね。

トモ:林家たい平師匠は地方公演で、時間があるときは近所を散歩するそうです。さらに時間があればラーメン店に入り、地元の方とお話をされるんです。そこで得たエピソードを落語のまくらで話すんですよ。これはその地を歩かないと生まれないことですよね。

――その場でネタを調達するんですね。

トモ:方言もなるべく使うようにしています。もちろん、上手くはないのでヘタなりに、です。青森なら「なすてだべ~、なすてだべ~」って言ったり。

 このような方言を交えたパフォーマンスは、小泉進次郎議員の地方演説と通底するところがあるかもしれない。両者に共通するのは、客に合わせたローカライズと内輪ネタを交えて相手を楽しませることだ。

 どの場所でも、どの相手に対しても画一的な振る舞いをするよりも、相手の印象に残ることは言うまでもないだろう。

――基本的なステージの流れを教えてください。

テツ:1時間のステージでしたら、ネタ45分、歌15分という流れをつくります。30分の場合も同じ比率です。よく歌っていたのは『あずさ2号』ですが、最近はワーナーミュージックさんに所属しましたので、シングル曲のほかに、同じレコード会社のコブクロさんの曲を披露するケースも出てくるようになりました。かっこいい言い方をするとレーベルメイトですよね(笑)

――最初のパフォーマンスでお客さんを惹きつけているので、歌もみんな聞いてくれますよね。

トモ:中には「なんで最初から歌ってくれなかったの!?」と言ってくださるお客さんもいますね。歌とお笑いどちらも見てもらえるというのは私達の強みかもしれません。

――最新のシングル曲『泥の中の蛍/おんなじ空の下』も、ネタなしの本格的な歌謡曲です。ミュージックビデオもふざけていない。ジャージも着ていませんし(笑)

トモ:「おんなじ空の下」では客席のみなさんにも歌っていただいたりしています。先日は会社の社長さんまで一緒に歌ってくださったんですよ!



福岡都市圏のタクシー 運賃値上げを検討 九州運輸局


 九州運輸局は6日、福岡都市圏のタクシー運賃について値上げの検討を始めると発表した。年度内にも可否を決める。地区内の事業者の93%に当たる99社から、現行630〜670円の初乗り運賃を、690〜720円に上げたいという要望が出ている。
トヨタの豊田章男社長。10月14日のスズキんのスズキの鈴木会長との合同会見で”静岡西部”を指す「遠州」という言葉をたびたび口にした。

「トヨタとスズキは共に遠州(静岡西部)を発祥とする企業で,自動織機を源流としている。また遠州の気質である“やらまいか(とにかくやってみよう)”の精神が根付いている」。

 トヨタの始祖,田佐吉翁が生まれたのは,スズキの完成車工場がある湖西市。渺茫たる遠州灘が広がる地だ。その意味ではトヨタは確かに遠州の流れをくんでいるといえる。


 宮城県富谷町 http://www.town.tomiya.miyagi.jp/  が10日,富谷市」に移行した。2015年の国勢調査速報値で市制移行の要件である人口5万に到達した。宮城県で14番目,東北で77番目の市となる。

 富谷町は1963年4月に誕生。当時は人口5091だったが,70年代以降,仙台市のベッドタウンとして人口が増加した。町内では東向陽台,鷹乃杜,明石台などの宅地開発が進み,77年に人口1万突破後,ほぼ1年に1000人のペースで人口が増えてきた。
 町は人口5万が視野に入った2012年4月に移行準備を本格化。今年1月に公表された国勢調査速報値を受け,町議会が3月に市制移行議案を可決した。宮城県議会も7月に移行を議決。8月25日の官報告示で富谷市誕生が確定した。9月末現在の人口は5万2479人。
 
 宮城県内で市町村合併を経ずに市制に移行するのは1971年の多賀城,岩沼,旧泉(現仙台市泉区)の3市以来45年ぶり。東北での単独市制移行は2014年1月発足の岩手県滝沢市以来。富谷市誕生で全国の市町村数は791市,744町,183村となる。

●町の地勢
宮城県の地形を大別すると、西部山地帯、東部山地帯、中央低地帯の三つに分けられる。このうち、中央低地帯というのが富谷町の属している部分で、200から300メートルの高度をもつ丘陵地帯となっており、陸前丘陵と呼ばれています。この陸前丘陵の端で、仙台平野に挟まれるように富谷がある。
 富谷地方の地形は、おおむね南方に高く、明石の鍋山が標高131メートル、大亀の大亀山が118メートル、他は100メートル以下の丘陵が起伏している。
 河川は、南部の丘陵地帯に源を発する西川が吉田川と合流し、また大和町小野方面から流れてくる竹林川が、宮床川そして吉田川に合流している。
 地質は、谷沿いの平地部分が砂・礫・粘土(沖積平野堆積物)であるほか、東南西部の丘陵が偽層砂岩・礫質砂岩、仙台市泉区との境界部が凝灰質シルト岩・凝灰岩である。
「かっぱ橋道具まつり」にぎわう 10日まで台東,145店が参加




 さまざまな調理道具や食器などが並ぶ台東区のかっぱ橋道具街で,「かっぱ橋道具まつり」が開かれている。最終日の十日は道具街のメインストリートが歩行者天国になる。

 開催時間は午前十時~午後五時。東京合羽橋商店街振興組合に加盟する約百四十五店が参加する。各店でお買い得品のセールなどを実施している。期間中,買い物をすると千円ごとに一枚抽選補助券がもらえ,五枚で一回,空くじなしの抽選ができる。

 九日は長年親しんできた道具の供養祭を開く。十日の歩行者天国では,地元小学校のブラスバンド,浅草消防署や東京消防庁音楽隊が参加する防火パレードなどがある。

 かっぱ橋道具街は上野駅,浅草駅からともに徒歩十五分ほどの場所にあり,明治後期から大正初期に古道具を取り扱う店が集まってできた商店街。和食器,洋食器,なべや包丁などの調理道具のほか,飲食店の看板,食品サンプルを扱う店もあり,外国人観光客からも人気を集めている。


創価学会にとって,「奥多摩」というのは特別な意味をもつ場所という。

 多摩地域を管轄する創価学会第2総東京のWebサイトから,小川武志・第2総東京長の説明を引用させていただく。

 『第2総東京と創価の師弟の淵源は、昭和5年(1930年)、創価学会創立の年の9月24日、牧口常三郎初代会長が奥多摩・氷川の地を訪れたことに遡ります。昭和29年9月、戸田城聖第2代会長が、「水滸会」(当時の青年部の人材グループ)の第1回野外研修のため、氷川に向かいました。戸田会長は道中、八王子の地を訪れた際、「将来、ここに平和・文化の一大拠点を築きたい」と語ったのです。その恩師の言葉を胸に刻んだ、池田大作名誉会長は、緑と人材あふれる多摩地域に、限りない未来の可能性を見出し、常々、「三多摩の時代が必ず来る」と語りました』

熊本に本社移し復興貢献 平田機工,新規雇用も

  生産設備メーカーの平田機工は2016年06月23日,本社を東京から創業地の熊本市に移転した。同社は「熊本地震の復興に貢献したい」とし,熊本県内の工場で新たに100人以上を有期雇用する方針を明らかにしている。

 平田機工は1951年設立。自動車や半導体の生産設備を製造する。世界40カ国の企業と取引実績があり,グループ全体の売上高は年間約500億円。

 81年から東京に本社を置いてきたが,主要な取引先が国内企業から海外企業となり「東京を本社にしている利点がなくなった」として,熊本移転を検討中に地震が起きた。

 従業員1人が犠牲となり,県内4工場も被災した。生産停止に追い込まれた大手や地元企業も相次ぎ「『ものづくり』が熊本からなくなり,人が出て行く。悲しくなった」と振り返る。移転を決断した。

 厚生労働省の集計では,地震の影響で一時的に離職した人や,休業した人は3千人を超えた。こうした状況を踏まえて移転に際し,25人程度の定期採用に加え,100〜150人を県内工場で有期雇用し,被災者の生活再建を支援する。

 ここ数年,業績は増収増益が続いている。次世代パネル「有機EL」の需要増などを背景に熊本工場を増設し,生産体制の強化を進めるという。

 「復興には10年単位の時間がかかる。(義援金などで)一時的にお金を出すより,熊本に世界中から仕事を受注し,利益を還元する方が貢献につながる」。再び地元企業として根付く決意という。







「禁煙外来」で職員喫煙,診療報酬返還へ 島根・江津市の病院

           s-byouin
                                    ※ TBS テレビニュース画面より


 禁煙外来を設置する島根県江津市の病院の敷地内で複数の職員が以前から喫煙を繰り返していたことがわかり,病院は診療報酬を返還する。

 島根県江津市の済生会江津総合病院 http://saiseikai-gotsu.jp/ は敷地内を全面禁煙にして禁煙外来などの診療を行っていたが,今年8月の定期調査で厚生労働省中国四国厚生局が,病院の敷地内で職員が喫煙していることを確認した。

 禁煙治療で保険適用を受けるには敷地内の禁煙が条件であることから,病院では4年前にさかのぼって該当する項目の診療報酬を自主返還する。また,先月27日から禁煙外来を休診している。

 病院では以前にも職員の喫煙に苦情が寄せられたり吸い殻が入ったペットボトルが敷地内で見つかったりするなど,隠れての喫煙が常態化していたとみらる。院長はホームページを通じ「職員への教育の徹底を含め,しっかりと禁煙環境の整備を図る」とのコメントを発表した。

  ⇒⇒ 済生会江津総合病院   ⇒ 2016.10.03 病院の敷地内全面禁煙について
          http://saiseikai-gotsu.jp/news/1812/
 

○患者様及び地域住民の皆様

   病院の敷地内全面禁煙について


当院は,受動喫煙対策義務を定めた健康増進法を受け,平成18年6月に現地へ新築移転して以来,病院の敷地内を全面禁煙とし禁煙外来などの診療を提供してまいりました。

しかしながら,先般中国四国厚生局からの指摘により,当院職員が敷地内で喫煙するなど,敷地内禁煙の徹底が行われていない事実が判明しました。

当院といたしましては,こうした事態を重く受け止め,診療報酬の届出の辞退及び自主返還を行うことといたしました。このことにより,当分の間,毎週火曜日及び金曜日に実施してきました「禁煙外来」を休診いたします。

病院が敷地内禁煙に率先して取り組まなければならないところ,このような結果になりましたことを患者様及び地域住民の皆様にお詫び申し上げます。

たばこは,喫煙者をはじめ周囲の方々にも健康上悪い影響を与えることはご承知のとおりで,近年喫煙による健康被害に対し,世の中の認識は着実に変化していることから,当院は受動喫煙の防止だけでなく,地域の健康を支える公的病院として,病院の敷地内を全面禁煙としております。

また,病院は,診察や治療,ご相談等のために訪れたり入院されたりする施設であり,「より安全で快適な環境」と皆さまのご健康を守ることを使命とする立場からも,駐車場通路等を含めて敷地内を全面禁煙としております。

当院といたしましては,今後,改めて病院の敷地内全面禁煙の方針を確認するとともに,職員への教育の徹底などを含めしっかりと禁煙環境の整備を図っていく所存でございます。

患者様及び地域住民の皆様におかれましても,こうした趣旨をご理解のうえ,病院敷地内全面禁煙につきまして,改めてご協力をお願いいたします。



>>>Hospital helping smokers quit to pay back fees over staff smoking on property
    sorce:October 3, 2016 (Mainichi Japan)     http://mainichi.jp/english/articles/20161003/p2a/00m/0na/006000c

GOTSU, Shimane -- The staff at a hospital here that offers treatment for smokers to help them quit smoked on the hospital premises for years, even though the government requires medical institutions that offer such treatment covered by insurance to ban smoking on their properties.

Saiseikai Gotsu General Hospital in the Shimane Prefecture city of Gotsu in September stopped accepting patients who wanted to quit smoking after admitting that some of the hospital staff were smoking on its property, and plans to pay back medical service fees.

According to the hospital, the Shimane office of the Health, Labor and Welfare Ministry's Chugoku-Shikoku Regional Bureau of Health and Welfare in the prefectural capital of Matsue warned the hospital that the non-smoking rule on the premises was not being put into practice. After interviewing several hospital workers, the institution learned that some workers were smoking mainly at the emergency room entrance behind the medical ward. The smokers had been puffing on cigarettes on the hospital property since 2012, when insurance coverage of smoking cessation treatment came into effect.

Haruto Ajiki, head of the hospital's administrative division, commented, "We are taking this matter seriously as it's the hospital's social responsibility to put efforts into its own smoking ban," adding that the institution will work on establishing a thorough non-smoking rule for its property.




【福岡空港の遅延率13.62%】 羽田に次いでワースト2位のワケ

 かつて,羽田空港で飛行機が遅れると,全国に遅れが広がる,といわれた。それが,今では―。

 「福岡空港の遅延が全国に影響している」という。羽田の遅延の10%は,福岡の遅れが要因らしい。国内バブ空港の遅れが全国の地方空港の遅れにつながるのはもっとも。ところが,“ドル箱”の羽田便を擁する福岡は,バブ空港の足を引っ張るほど,遅れが深刻である。

2013年度の福岡(国内線)の遅延率は13・62%。羽田(14・29%)に次いで,全国の主要空港でワースト2位だった。

 続いて,関西(13・32%),那覇(12・60%),成田(11・83%),新千歳(11・68%),中部(9・69%),大阪(8・66%),鹿児島(7・95%),仙台(7・01%)―とい順である。

 遅延率は,飛行機が到着した回数のうち,15分以上遅れた回数の割合。福岡は100便のうち13便が遅れていた。

 さらに,注目すべきは,「多くの空港で遅延率が悪化の傾向にある」点である。 背景にあるのが,格安航空会社(LCC)の存在。定期便の相次ぐ就航で,混雑度合いが増している。 中でも,福岡は著しい。遅延率は5年前の8・45%から5・17ポイント悪化していた。
 滑走路は1本。発着回数は限界に迫り,今年3月には国から「混雑空港」に指定された。

10月には1日に常陽銀行と足利銀行を傘下に置く足利ホールディングス(HD)が経営統合した。

<常陽銀と足利HD「あくまで地元のため」>

 10月1日,常陽銀と足利HDが1日,経営統合し,新会社「めぶきフィナンシャルグループ(FG)」を立ち上げ常陽銀と足利銀は傘下に入る。統合後の総資産は約15兆円と地域金融グループで第3位となった。「統合によるシナジーを発揮」(常陽銀の寺門一義頭取)し,地域の活性化を目指す。

 めぶきFGは社長に常陽銀の寺門一義頭取,副社長に足利HDの松下正直社長が就任した。本社は常陽銀東京営業部(東京都中央区)に置き,両行の本店所在地は変更しない。
 統合により茨城と栃木を中心に東京,千葉,埼玉,群馬などにわたって広域営業ネットワークが構築される。店舗数は常陽銀が179店舗,足利銀の153店舗。両行を合わせると332店舗,従業員数は約6700人となる。
 両行は事務手続きやシステム共通化などを推進。経費削減などで20年度までに150億円の相乗効果を見込む。また統合による業務などの効率化を図り,150人程度の人員を捻出し,顧客対応へシフトさせる目論見。5年間で約15店の新規出店を目指す。


 常陽銀は16年7月,水戸市とまちづくり全般に関する包括連携協定を締結。市内で事業創出を目指す企業を支援する融資制度などを新たに設けた。足銀も6月までに宇都宮,小山,下野の栃木県内3市などと商工振興などに関する連携協定を結んでいる。

<茨城・栃木が得意とする農産物で>

 両県が得意とする農産物の品目も茨城は白菜やレンコン,栃木はイチゴやかんぴょうなどで競合せず,製品開発などで協力関係を築ける余地がある。両行は統合後,初めて合同で食やモノづくりに関する展示会などのイベントも複数回開く予定で,県境という垣根を越えて企業の取り組みを後押しする。

 
 セイノーホールディングス http://www.seino.co.jp/seino/shd/  前会長で岐阜名誉県民の田口義嘉壽(たぐち・よしかず)氏が22日午前1時,肺炎のため入院先の名古屋市の病院で死去した。78歳。岐阜県大垣市出身。

 田口氏は,西濃運輸の創業者で「トラック王」と呼ばれた利八氏(故人)の次男。慶応大卒業後,1960年に西濃運輸入社。専務,副社長を経て87年に社長に就任。会長の兄の利夫氏(故人)とともに,西濃運輸を国内有数の総合物流グループに育て上げた。2005年に持ち株会社制となったセイノーホールディングスの会長に就任。今年6月に会長職を退任し,代表権のない取締役相談役となっていた。

 全日本トラック協会副会長,県トラック協会会長などを歴任した。地元の大垣商工会議所会頭や日本青年会議所会頭,中部経済連合会常任理事を務めた。

● セイノーホールディングス 会社概要
社名:セイノーホールディングス株式会社
創業:昭和5年2月11日
設立:昭和21年11月1日
事業内容: 貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業、倉庫業、航空運送代理店業、通関業、国際複合一貫輸送事業他
本社 〒503-8501 岐阜県大垣市田口町1
代表者 :代表取締役社長 田口 義隆
資本金:42,481百万円

1