FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


>>>廃線 月に1日だけ復活
             片上鉄道保存会  http://www.ne.jp/asahi/katatetsu/hozonkai/

 平成3年6月。岡山県備前市から同県の柵原町(現・美咲町)までを南北に結んでいた「同和鉱業片上鉄道線」が,72年間の歴史に幕を下ろしました。元国鉄の貴重な旧型気動車をはじめ,客車列車などが現役で活躍していた同鉄道は,鉄道ファンからも人気が高く,廃止はたいへん惜しまれました。
 これらの,鉄道文化遺産とも呼べる貴重な車両を保存する動きが高まり,集まった有志により結成されたのが,片上鉄道保存会です。設立は平成4年11月。以降,気動車1両(キハ312)の購入や,「柵原ふれあい鉱山公園」への車両搬入,動態を維持するための機関整備など,7年半ぶりに車両たちが蘇るまでの一役を担いました。

 ひと月に,たった1日だけ運行される鉄道― それが理想的な形であると考えています。ひと月に一度だからこそ継続が可能であり,その日を目指して人々が集まります。
 第一日曜日。この日,吉ヶ原駅は「鉄道の駅」として蘇ります。発車ベルが鳴り響き,汽笛一声!列車が定刻に発車していく…。 たった400mの小さな鉄道がいつまでも走り続けられるよう,会員一堂,今後とも鋭意努力してまいります。




>>>秘境駅跡探訪

人家が少なく利用者がほとんどいない駅,到達困難な場所に存在する駅を,著者・牛山隆信は「秘境駅」と名付けた。

 利用者がいなくなった駅は廃止へ向かうことになる。赤字ローカル線を自社で抱えている鉄道会社にとっては当然のことだが駅の維持管理にはお金がかかる。乗降客がほとんどいない駅で発進と停止を繰り返すのは燃料の無駄遣いであり,経営者として合理化は必要不可欠なことである。 こうして合理化の結果として「秘境駅」は廃止されていく。また,場合によっては線区そのものが赤字線として,時刻表から消えていく。

 旅客営業が廃止されたり,線区そのものが廃止されて消えていった「秘境駅」のその後を, 北海道から鹿児島までの54駅を取り上げている。



ローカル線の廃止や旅客数の減少、列車運行本数の削減など“秘境駅”を取り巻く環境は年々厳しくなっている。時刻表から姿を消した“秘境駅”は現在どうなっているのか?合理化でスイッチバックを解消した“秘境駅”の現状は?さまざまな事情で廃止された駅や信号場を取材!

もう二度と列車は来ないけれども、日本人の心象風景に深く刻まれた現存する廃線駅舎を、写真とエッセイでガイドする書籍です。読んだら行ってみたくなる一冊。

『昭和の終着駅』シリーズ、解説もグレードアップし関東・関西・北海道・東北各篇につづく5冊目が登場です。北陸・信越地方(福井・石川・富山・新潟・長野)の題材をまとめ、記録の少ないローカル私鉄も抒情溢れる貴重なカラー写真で収録。

スポンサーサイト