FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
養命酒健康の森



 中央アルプスと南アルプス。日本を代表する2つの山脈に囲まれる水の恵みが豊かな場所に、薬酒「養命酒のふるさとがある。
 製造元の養命酒製造は、駒ヶ根工場を中心とした一帯を「養命酒健康の森」と名付けており、敷地内には体に優しいこだわりのスイーツやランチが味わえる「カフェ」、昭和初期の酒蔵を移築し、ここならではのみやけがそろう「記念館(ショップ)」、縄文、弥生、平安時代の住居跡もある自然環境に恵まれた「散策路」など見どころ沢山。養命酒健康の森には,毎年的10万人の来場者がある。
youmei     出所:https://www.yomeishu.co.jp/komagane/


 岡谷市にあった工場が昭和47年にこの地へ移転。その後、少しずつ施設を拡張し、平成17年に現在に近い形となった。
 工場見学も受け入れており、個人単位で訪れた客には体験、体感を意識したガイドと巡るディスカバリーコースを用意。ただ製造ラインを回るだけでなく、五感を通じて行う養命酒の作り方体験や、各種製品の試飲など、充実度満点の80分である。

 「36万平方㍍の7割が自然の中にあるので、憩いの空間が広がり清らかなせせらぎの音が聞こえるのも魅力。 中央自動車道・駒ヶ根インターから約15分。
 

住所 : 〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂16410
電話 : 0265-82-3310

スポンサーサイト