FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
業績悪化の複数の地銀、金融庁が立ち入り検査

 低金利や人口減を背景に、地銀の経営環境は厳しくなりつつある。こうした状況から,金融庁は業績が悪化している複数の地方銀行を対象に、立ち入り検査を行っている。

 金融庁は昨年10月から、数行の地銀に対する検査に着手した。いずれの地銀も、自己資本は十分で、財務上の問題はないものの、他行との競争激化などにより、融資などの本業で利益を上げられなくなっている。

 金融庁の検査官が常駐し、役職員への聞き取りを行っているほか、地域の経済状況や財務書類の分析を進めている。人口減などで地域経済が縮小し、単独で生き残ることが難しいと判断すれば、他行と経営統合することも促すとみられる。


スポンサーサイト