FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
名古屋銀行の一宮市の移住・定住希望者を対象とした『地方創生「移住・定住」住宅ローン』
  

 昨年9月に名古屋銀行(頭取 藤原一朗)https://www.meigin.com/ は、一宮市との「地方創生にかかる包括連携協力に関する協定」に基づき、一宮市への移住・定住者を対象とした専用ローン商品『地方創生「移住・定住」住宅ローン』 https://www.meigin.com/release/files/290828ichinomiya_loan.pdf  の取扱いを開始した。

 同商品は一宮市への移住・定住を促進するため、住宅ローンの勤続年数要件において弾力的に対応するとともに、住宅ローン基準金利に比べ優遇した金利を適用する。

◆ 商品名 :地方創生「移住・定住」住宅ローン(一宮市)
 利用対象者
 ・一宮市への移住または定住を希望する方
 ・お借入時の年齢が満20歳以上満65歳未満で、完済時に満80歳未満の方
 ・名古屋銀行が指定する団体信用生命保険に加入いただける方
 ・保証会社の保証が受けられる方
 ・勤続年数2年未満・営業年数3年未満でも申込可能です。

 使用目的
 ・本人が居住する住宅の建築・購入・増改築資金

 融資金額
  200万円以上1億円以内(10万円単位)

□ご融資期間
1年以上35年以内(1年単位)

□ご融資利率(※)(優遇幅)
金利選択自由タイプ
【変動金利型】
基準金利比 最大年▲1.625%

【固定金利選択型2年・3年・5年・10年】
当初固定期間 各基準金利比 最大年▲1.8%
当初固定期間経過後 各基準金利比 年▲1.5%
※他の金利プランおよび金利を引下げる制度・商品との併用はできません。
※ご加入いただく団体信用生命保険の種類により、上記ご融資利率に0.1%が上乗せされます。
□担保:借入れの対象となる土地・建物に第一順位の抵当権を設定。
                ※名古屋銀行 プレスリリースより一部抜粋

【名古屋銀行 概要】 ※平成29年3月31日現在 HPより抜粋
 ・創業:昭和24年
 ・拠点数:国内204カ所(支店111、出張所1、店外ATM 92)
 ・従業員数:1,948人
 ・総資産(連結):3兆6,675億円
 ・貸出金:2兆3,890億円
 ・有価証券:9,214億円
 ・預金等:3兆2,894億円(預金等=預金+譲渡性預金)
 ・資本金:250億円
 ・総自己資本比率(国際統一基準):[単体]12.00%、[連結]12.16%






スポンサーサイト