FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 いい本屋の書棚は,単に知りたかったこと以上の「想定外」の情報に出会えるすばらしい 場でもあります。 このブログでは,すばらしい出会いを求めて千葉県八千代市(人口19万3000人)にある未来堂書店(イオンモール),八重洲ブックセンター(セブン&アイSC),ときわ書房,さらに書店売上高一位のTUTAYA書店の店頭展示コーナーに展示・陳列されている書籍を定点観察しています。

◆特記事項
1)「今週の注目本」コーナーに陳列の本は,未来屋さんのおすすめ本といったところでしょう。
2)いまや時の人とも言える林下 美奈子さんの『美奈子ファミリ-』。
3)『海賊といわれた男」は,3週間連続で注目本とされています。
4)『世界地図の下敷き』 『日本国憲法』『高校入試』の3冊が新たに展示されました。 -『日本国憲法』(小学館刊)の展示は,参議院選挙もあって,まさに適時な書店の心遣いといえましょう。


今週 未来屋(2013/07/10)調べ  
 ◆今週の注目本                        
海賊といわれた男 上百田 尚樹
海賊といわれた男 下
美奈子ファミリー林下 美奈子
泣き童子宮部 みゆき
リフレはやばい小幡 績
世界地図の下書き朝井 リョウ
日本国憲法小学館
高校入試  湊かなえ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週 未来屋(2013/07/01)調べ  
先週の注目本    
海賊といわれた男 上百田 尚樹
海賊といわれた男 下
俺はこういう人間だ林下清志
はだかの美奈子林下 美奈子
天音
EXILE ATSUSHI
大泉エッセイ
大泉 洋
世界なめこ図鑑
SUCCESS
リフレはやばい
小幡 績
アジアで花咲けナデシコたちたかぎなおこ 


先々週 未来屋(2013/06/25)調べ  
先々週の注目本    
海賊といわれた男 百田 尚樹
海賊といわれた男 下
姜尚中
俺はこういう人間だ林下清志
はだかの美奈子林下 美奈子
色彩を持たない多崎つくると、 彼の巡礼の年村上 春樹 





なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか(祥伝社新書321)

「情報も本も、ネットでなんでも手に入る」
そうは思っていませんか? けれどもネットだけでは、人を超える発想はできません。

著者は、自ら書店の経営にも携わるクリエイティブ・ディレクター。広告の世界だけ
でなく、ビジネス全般で必要とされる企画力や斬新なアイデアのヒントは、本屋にある
といいます。

いい本屋の書棚は、単に知りたかったこと以上の「想定外」の情報に出会える、すばらしい
装置なのです。「書棚を旅するようにめぐる」「買った本は、べつに読まなくてもいい」など、
人生を面白くするための、本と本屋の使い方を大公開!






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1030-493b4a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック