FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
旅行サイトの楽天トラベル株式会社(東京都)は、2013年7月19日から8月31日の夏休み期間における国内・海外・訪日旅行の予約状況を,「2013年夏休みの旅行動向 概要」として発表した。それによると,NHK大河ドラマで注目を集める福島県は前年比85.6%、出雲大社の遷宮で賑わいを見せている島根県前年比+85.6%、瀬戸内国際芸術祭の開催で旅行客が急増している香川県前年比+76.1%と旅行客が急増しています。

◆郷愁をかき立てる城下町 会津若松
 会津は旅人を引きつける独特の“磁力”を持っています。江戸時代の文化が息づく城下町は郷愁をかき立て,今に伝わる会津武士の気風に背筋も伸びる思いです。

 会津若松市は,白虎隊や戊辰戦争に象徴される鶴ヶ城,飯盛山をはじめ,数々の名所,旧跡が残る歴史と伝統の町です。
 湯けむり情緒たっぷりの東山,芦ノ牧の二つの温泉地や市内の観光施設,伝統産業である酒の蔵元,会津塗りや竹細工などの民芸,焼物,会津もめんの製造元が市内に点在しています。
 また,「会津こづゆ」などに代表される郷土料理や和菓子などにも会津ならではのこだわりの味を持ちます。

2013-07-aizu01

 会津若松市のシンボル、鶴ヶ城。数多くの戦国大名が治めたこの城の歴史は、今から600年以上前に葦名直盛(あしななおもり)が築城した黒川城に始まります。蒲生氏郷が会津領主として黒川城に入城し、文禄2(1593)年、七層の天守閣を完成。地名を「若松」に改め、城の名前も鶴ヶ城と命名。ここに、城下町の基盤が出来上がりました。
           
 時代は下り、幕末の戊辰(ぼしん)戦争では1か月に及ぶ戦いが鶴ヶ城を中心に行なわれ、明治7年には廃城となりました。天守閣が復元されたのは昭和40年のこと。現在は博物館として、貴重な資料を展示公開されています。最上層の展望フロアからは白虎隊の悲劇の舞台となった飯盛山も望めます。


■交通の案内
【車で】
●東京-会津若松I.C-東山温泉……約3時間30分
【高速バスで】
●東京・新潟・仙台・福島・郡山・いわきから高速バスが出ています。
【列車で】
●東京(新幹線)-郡山(快速)-会津若松 ……約2時間30分


地図から探す -福島県の宿 -喜多方・郡山・福島-



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1034-34bf0d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック