FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


   近世国名・藩名:伊予(いよ)

  愛媛県は、四国の北西に位置し、北側には瀬戸内海に面した平野が広がり、南側には西日本で最も高い石鎚山(1,982m)がそびえています。瀬戸内海・宇和海には200余りの島々があり、海・山両方の美しい自然に恵まれています。

 気候はおだやかで、人口は約140.6万人(全国26位)、面積は5,678平方キロメートル(全国25位)、入り組んだ海岸は 全国5番目の長さ(1,695km)です。また、国宝・重要文化財(*)の多い大山(おおやまづみ)神社、村上水軍、松山城、道後温泉、内子町をはじめとする南予の古い町並みなど多くの歴史と伝統ある文化が今に伝えられています。


「愛媛」という県名は、古事記の国生みの神話にでてくる「愛比売(えひめ)」にちなんでいます。

 幕末まで、愛媛県には「伊予八藩」がありましたが、明治4年(1871年)7月の廃藩置県で、「八藩」がそのまま「伊予八県」となりました。


▼(2013年7月1日現在推計人口
・総人口 1,406,497 人

・男 661,602 人

・女 661,602 人

・総世帯数 597,472 世帯

⇒⇒  主な指標から見たふるさと愛媛の身の丈


◆県民性

 愛媛県は,東予,中予,南予の三つの地域に大別されます。それぞれの地域の成り立ちの異なりが,“三予人気質”ともいわれるそれぞれの独自性を育んできました。
 東予(四国中央市・新居浜市・西条市・今治市・越智郡上島町)は,関西に近いことから,古くから関西と経済交流が歴史的に営まれてきました。この影響を受け,すばしっこく,利にさとく,時代の流れに敏感であり,商才にたけた活動型。中予(松山中心・松山市,伊予市,東温市,上浮穴郡,伊予郡)は学究肌・文人肌で気質は温和,やんわりとした人当たりで,争いを好まないとされます。南予(宇和島・八幡浜など)は,盆地で農業を基盤としています。土佐と接し,九州との交流が濃いこの地方は,穏やかな気候もあって,陽気・豪放な南国的気風は定評のあるところです。



★瀬戸内海の海岸線が多い四国の愛媛。松山や風光明媚なしまなみ海道。愛媛のお土産や名産品もチェック!★



産能マネジメントスクール

 -新エリアマーケティング実践-小商圏市場戦略を考えるー 





第57回 2013年09月10日~11日
第58回 2013年12月11日~12日
第59回 2014年09月01日~02日
第60回 2014年12月09日~10日







1.支店・営業所のエリア単位での市場分析と、それに基づく具体的な営業計画の立て方を学ぶ
2.現在のエリア営業戦略の適合性、妥当性を検証するための手段を学ぶ
3.現顧客の満足度を高め、新たな顧客層を開拓する策を学ぶ













地域別に販売組織を組んでいる企業の方々が参加対象です。自社の特定エリアの活性化策を実際に策定する演習を通して、「地域対応のマーケティング」の実践的進め方を学んでいただきます。お客様の現状、ニーズ、具体的に欲している事柄をひとつひとつ明確にしていくことによってマーケットセグメンテーションを見直し、営業活動や販売促進のあり方を再構築します。


参加費:73,500円       講師:小林 隆一 
  お問い合わせ先:産能マネジメントスクールへ 0120-113644
  会場(東京・代官山)         
   セミナー Q and A (セミナーで何を知り,実務にどのように役立つか)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1112-78925713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック