FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


今年3月、東京急行電鉄(東急)東横線と東京メトロ副都心線の相互直通が始まった。これで副都心線は西武鉄道池袋線,東武鉄道東上線,そした横浜高速鉄道みなとみらい線との相直をしている東横線と、5路線とつながった。
 これにより,東上線の川越駅は17%、みなとみらい線の元町・中華街駅は31%も乗降客が増えた。さらに、副都心線の新宿三丁目駅の乗降客数は63%の伸びを記録した。新宿三丁目駅に直結している、伊勢丹新宿店は、90億円を投じてのリニューアル効果もあって、売上高は10~20%増で推移している。

 その一方で、乗降客を減らしたのが、渋谷駅だ。横浜方面から渋谷を通過してしまう人が増えたことによる。今後の渋谷の巻き返しが注目される。
 2012年の渋谷ヒカリエに続き、17年度には南街区、18年度には道玄坂街区に新たなビルがお目見えする。20年には渋谷駅の真上に一連の目玉となる超高層ビルが完成の予定である。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1220-a7b1a77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック