FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 宮城県は、プロ野球楽天ゴールデンイーグルスが参入以来,宮崎県内に及ぼした経済効果は、推計で1,3860億円に上ると発表した。

 宮崎県によると,推計に当たっては、観客動員実績をもとに一試合当たりの観客数をCS24,272人、日本シリーズ25,237人とし、一軍ホームゲーム開催時の観客消費による経済効果を算定した。

 推計の結果、CSでの直接効果が約11.7億円、波及効果が約7.2億円、合わせて約18.9億円、日本シリーズでの直接効果が約15.0億円、波及効果が約9.4億円、合わせて約24.4億円となり、CSと日本シリーズを合わせて約43.3億円の経済効果が見込まれる。
 宮城県によると、試算対象はシーズン67試合と、クライマックスシリーズ、日本シリーズ各4試合のホームゲーム計75試合。ゲーム開催日の入場料や観客の交通費、グッズ購入のほか、県内飲食業界などへの波及効果を、楽天球団への聞き取り調査などを基に推計した。

 推計の結果、CSでの直接効果が約11.7億円、波及効果が約7.2億円、合わせて約18.9億円、日本シリーズでの直接効果が約15.0億円、波及効果が約9.4億円、合わせて約24.4億円となり、CSと日本シリーズを合わせて約43.3億円の経済効果が見込まれる。

 なお,2009年にクライマックスシリーズに進出したシーズンの経済効果は,161億円と推計している。

⇒⇒ 宮城県  東北楽天ゴールデンイーグルスが宮城県に与えた経済効果について
             http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kohou/ho20140131-5.html


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1290-f1ea6d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック