FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 ヤマダ電機は,70~80億円を投じて,2009年末に,中国(瀋陽)に海外1号店を出店する。

 過熱気味であった中国の不動産市況が落ち着いたことから,2010年後半の進出計画を前倒し,上海よりも消費変調が少ないと判断し,瀋陽を選定した。
富裕層向けに、主に日本製品を販売し,200~300億円の売上げを目指す。

中国市場開放プログラム   [本]

中国市場開放プログラム [本]
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/147-c058245b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック