FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 千葉パルコ((千葉県千葉市中央区中央2-2-2)が2016年11月末に閉鎖される。千葉県内では郊外に大型商業施設の開業や増床が相次ぎ、顧客の流出を食い止められなかった。2016年2月期第2四半期決算で、閉店に伴う特別損失を約19億円計上する。

 1976年に開業した千葉パルコは,JR千葉駅から徒歩で10分ほどの市内中心部の千葉銀座通りに立地。売り場面積は約4万平方メートル,若者向けファッションを中心に約110のテナントが営業。ピークだった1992年2月期の売上高は約230億円に上ったが,2015年2月期は約57億円と4分の1に落ち込んでいた。

 千葉パルコの業績低迷の背景に,県内で相次ぐ大型商業施設の開業や増床がある。今年に入ってからは,「三井アウトレットパーク幕張」(千葉市)や「酒々井プレミアム・アウトレット」(酒々井町)が増床開業。客足は千葉市内中心部から郊外に向く傾向が強まっている。

 千葉パルコの建物は複数の地権者が区分所有しており,店舗閉鎖後の活用法は今後、地権者間の話し合いで決める。


           ***********     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::


◆三井アウトレットパーク幕張
:千葉県千葉市美浜区ひび野2-6-1
 137店舗営業の京浜幕張駅前立地の大規模アウトレットモール。

 JR海浜幕張駅前に立地の「三井アウトレットパーク 幕張」。店舗数は「アングローバルショップ(ANGLOBAL SHOP)」や「マツモトキヨシ」など137店舗。

 2000年に開業した三井アウトレットパーク 幕張は、東京都心や千葉県内からのアクセスが良く、仕事帰りの女性の利用も多いという。

 成田・羽田の両空港から高速バスで約40〜50分の立地を活かし、外国人観光客に対応するため、外貨両替機の新設や免税対応店を倍増させる(2015年4月15日時点)などのサービス面を強化。外来客に人気のテナントとして「マツモトキヨシ アウトレット」が初出店するほか、今後は近隣ホテルとの連携サービスも導入していく。



◆酒々井プレミアム・アウトレット:千葉県印旛郡酒々井町飯積2-4-1
 183店舗が営業。「酒々井プレミアム・アウトレット」は、国内9カ所目のプレミアム・アウトレットとして、2013年4月に開業。都心から車で約50分、成田空港から車で約10分とアウセス至便な立地。国内外より年間約600万人(2013年度レジ客数)が来場している。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1552-fe152744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック