FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
全国で魅力度1位は北海道京都と沖縄も人気、ワースト3は茨城、佐賀、群馬

 国の都道府県の中で最も魅力的なのは北海道。2位は京都府、3位は沖縄県と続き、東京都は4位、奈良県が5位となった。一方、最も魅力度が低いのは茨城県。ついで佐賀県、群馬県が低い──。

 ブランド総合研究所では、全国1000の市区町村と47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全63項目を評価する「地域ブランド調査2009」を行った(2009年7月に実施)。全国3万2124人を対象ににネット上で調査した。

◆人気の高い市区町村が多数ある北海道 
 魅力度で1位となった北海道は観光意欲でも1位、食品購入意欲と、産品(非食品)購入意欲でも1位となっている。居住意欲は4位で、居住、観光、産品のいずれへの評価も高いという結果になった。

 また、北海道には、市区町村での魅力度ランキングで1位になった函館市をはじめ、札幌市(2位)、小樽市(6位)、富良野市(8位)など人気の高い市区町村が多数存在している。つまり、強い市町村ブランドにより、強力な北海道ブランドが構成されるという構造になっている(市区町村のランキングは次週に紹介したい)。

 北海道に続いて魅力度で2位になったのは京都府だ。居住意欲では1位、観光意欲では3位、食品購入意欲は3位、産品(非食品)購入意欲は2位と、北海道と同様に各指標ともに評価が高い。

 ただし、京都府は、京都市(市区町村のランキングでは3位)に続く高いイメージの市町村が不在である。つまり京都府の魅力は、京都市のイメージそのものとなっている。

 沖縄県も居住意欲が3位、観光意欲が2位、食品購入意欲が2位、産品購入意欲が4位と、北海道や京都府同様に居住、観光、産品のいずれもバランスよく高い評価を得ている。

 県民所得の低さとブランド力の相関性係については,居住、産品購入意欲に対する評価が高いことから、それはブランドイメージのマイナスにはつながっていなという。

4位は東京都、5位は奈良県、6位は神奈川県、7位は大阪府、8位は兵庫県と、関東と近畿の各都府県が上位を占めている。

 九州では,宮崎県が13位となったほか、福岡県が9位、長崎県が10位と九州各県の人気は総じて高い。特に宮崎県は観光意欲(10位)、食品購入意欲(4位)などへの評価が高い。

 一方で佐賀県は46位と下位に甘んじた。伊万里・有田焼という陶磁器による産品購入比率は7位と高いものの、観光意欲など他の主要指標がいずれも低いことが原因。

 東北地方では、最も順位が高かったのが15位の青森県だ。ベスト10には1県も入らなかった。また、四国(高知県の26位が最高順位)、中国(広島県の27位が最高順位)も上位にランキングした都道府県がなかった。

◆茨城、群馬が低迷する理由
 魅力度が最下位となったのは茨城県。隣接する群馬県が45位、栃木県が40位と北関東3県はいずれも魅力度の順位が低いという結果になった。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/159-7623bcd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック