FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 国立社会保障・人口問題研究所の『日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)』によると,いまから25年後の2040年の鹿児島県の人口は,現在の165万8000人より約35万人減り,131万人と推計されることから,対策が急務となっている。

下の表は,2040年の鹿児島県 の市町村の人口ランキングである。


順位 市町村名2040年推計人口2010年人口人口増減増減率 %
  鹿児島県1,314,0571,706,242-392,185-23.0
1鹿児島市519,563605,846-86,283-14.2
2霧島市111,767127,487-15,720-12.3
3鹿屋市87,659105,070-17,411-16.6
4薩摩川内市77,35999,589-22,230-22.3
5姶良市62,93174,809-11,878-15.9
6出水市40,69555,621-14,926-26.8
7日置市37,86650,822-12,956-25.5
8奄美市30,77546,121-15,346-33.3
9指宿市29,63544,396-14,761-33.2
10南さつま市24,13338,704-14,571-37.6
11南九州市23,66639,065-15,399-39.4
12志布志市23,16533,034-9,869-29.9
13曽於市23,13439,221-16,087-41.0
14いちき串木野市20,64731,144-10,497-33.7
15伊佐市18,00329,304-11,301-38.6
16さつま町15,44524,109-8,664-35.9
17枕崎市14,57223,638-9,066-38.4
18阿久根市13,59023,154-9,564-41.3
19屋久島町11,05813,589-2,531-18.6
20西之表市10,52216,951-6,429-37.9
21肝付町10,35717,160-6,803-39.6
22垂水市9,50817,248-7,740-44.9

 国が進める地方創生事業は、地域経済の再生を通じて人口減少の克服などを目指すもので,自治体が従来の交付金よりも広い裁量で使える新型交付金が設定されている。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1595-f5de592b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック