FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
福島県の15年産米、750万点が基準値下回る 野菜なども

 福島県内の本年産米の全量全袋検査で,10月末までに検査した約750万点全てが食品の放射性セシウムの基準値(1キロ当たり100ベクレル)を下回った。このうち99.99%は検出限界値未満で、残る約0.01%(392点)は放射性物質が検出されたが,基準値を下回った。

 福島県によると,本年産米の検査は8月20日から始まった。今後も続き、最終的には昨年産米と同等の約1100万点の検査が見込まれている。玄米は1袋当たり30キロの検体のほか、ライスセンター(穀類乾燥調整施設)で管理しているものは1袋当たり1トンの検体を検査している。

 なお,野菜・果実,畜産物,栽培キノコも全て基準値以下となっており,福島県内で取り組まれている放射性物質対策の効果が裏付けられた。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1632-190f6716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック