FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 ゼンショーホールディングスが運営する牛丼チェーン「すき家」は,従来はすべてを本社で管理していたすき家事業について,全国7エリアの事業会社に分社化し,アルバイトの採用権限なども委譲した。それにより「地域に根付いた採用をスムーズに行えるようになった」という。

 同社は,昨年2月に手間のかかる「牛すき鍋定食」を発売して以降,深夜バイト従業員の大量退職が生じ人手不足による店舗休業が相次いだ。バイト離れに歯止めがかからない中,対策として深夜のワンオペを廃止し,複数人員を確保できた店舗で順次,深夜営業を再開する方式に切り替えた。

 さらに,
三重県の経済効果、130億円見込む

 あと半年に迫った伊勢志摩サミットで、百五経済研究所(津市)は、開催による経済効果を全国で五百億円、三重県内では百三十億円とはじく。インフラ整備や、警備や報道関係者の宿泊など直接的な効果が中心だという。

 さらに大和証券(東京)によると、観光客の増加による波及効果が三重県内で年間三百五十億円に達すると見込まれる。サミットに関する海外での報道で知名度がアップし、外国人旅行者が増加するという。同証券の木野内栄治ストラテジストは「三重県を訪れた外国人旅行者が、名古屋や高山など中部の観光地に足を延ばすといったプラスの効果も出るだろう」と分析した。

 一方、パリ同時テロの発生を受け、各国首脳など要人の警護やテロ防止の重要性もあらためてクローズアップされた。サミット開催に伴う警備では、三重県警に加え、全国の警察から少なくとも一万人超の警察官が集まり、厳戒態勢を取る。県警によると、賢島周辺の検問などの警備は開催数カ月前から始まるという。観光シーズンとなるゴールデンウイークへの影響を抑えるため、住民に通行証を発行することも検討している。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1640-c68ecc8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック