FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 「過去のチェーンストア理論の否定」。総合スーパーイトーヨーカ堂の構造改革の基本は,この一点に集約される。
 「売り上げは半分になってもいいから好きなことをやってみろ」。鈴木会長の鶴の一声で2014年から始まった独立運営店の取り組みがその具体的な表れである。個店が仕入れ,販売の権限を持つ個店経営の指向している。 組織も本部から店舗主体に変更。エリア内の店の事務所に,仕入れ部隊や開発担当を配置。売り場の活性化も個店ごとに見直し,肌着の売り上げが良ければ他 部門を縮小しても拡大。また上期は,衣料品を中心に不良在庫の一掃を図ったが,利益を見据えた値下げも店の権限に改めた。

アリオ上尾店(埼玉県上尾市)の取り組み

 独立運営一号店のアリオ上尾店(埼玉県上尾市)では,パートやお客の声を反映して埼玉県の食文化,地域住民のライフスタイルに対応した地域色の強い店に仕上がっている。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1674-f7edb460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック