FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



高知米で泡盛製造 移住促進のNPOなど,地域盛り上げ

 高知県北部の土佐町(とさちょう)や本山町など4町村からなる嶺北地域の中山間地域で移住促進に取り組むNPO法人のれいほく田舎暮らしネットワーク(高知県土佐町)は,焼酎醸造のばうむ(同本山町)と連携して,「土佐泡盛」の製造・販売を2016年春から始める。田舎暮らしネットが商品企画を担当し,生産はぼうむが行う。
 容量は720ミリリットルと300ミリリットルに加え、180ミリリットル入りのカップタイプも販売する。小売価格は720ミリで税抜き1500円、300ミリが700円、カップタイプは370円を予定している。初年度の売上高は470万~480万円を目指す。

 沖縄産の泡盛はタイ米(インディカ米)を使っているが,高知県産のコメと同県独自の酵母で醸造する。地元産米を使って醸造した泡盛は沖縄産に比べると癖がなく,口当たりがまろやかに仕上げたという。

 これにより,地元産品の拡販や収益の一部で地域情報の発信力を強化するなど,地域活性化を目論む。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1685-d41df2e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック