FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
安倍晋三首相は今月13日の衆院予算委員会で、地方の有効求人倍率の上昇について「働いている人の絶対数が増えた結果だ」と述べ、自身の経済政策アベノミクスが景気回復に結びついていると強調した。 

 これに対し、維新の党の水戸将史氏は「表面的には地方の雇用が改善しているように見えるが、倍率の上昇は労働力人口の減少が原因だ」と反論。地方から大都市圏への人口流出が続いている事実を示し、「むしろ地方経済が縮小している表れで、改善したとは到底言えない」と反論した。

  高知労働局によると、高知県の求人倍率は昨年9月,1963年の統計開始以来初めて,仕事を探す人と仕事の件数が同じ1.00倍に達した。最新の11月は1.05倍だった。大都市圏から遠く離れた高知で本当に景気は上向き、雇用も増えているのであろうか。

     ◇                                   ◇
高知県では,高齢者福祉や建設関係を中心に求人が増えているが,それと同時に、職を求める人が減っている。昨年11月の求職者数は1万3286六人で,2006年度の一カ月間の平均1万8375人から約3割減っっている。高知県では,求職者は前年同月比で33カ月連続の減少。この間,有効求人倍率は上昇を続けている。

求職者が減った原因は、条件のいい仕事のある大都市圏への若者の流出にある。高知県では2014年まで14年連続で県外への転出が転入を上回っている。高知県内の仕事は非正規の割合が高く,正社員のみの求人倍率は昨年11月で0.56倍と,全国で沖縄県に次いで低い。






















スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1692-1ce477fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック