FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
東急/中目黒駅高架下開発計画、今秋開業
2016-02-naka01


東京急行電鉄は1月19日、東京地下鉄と共同で,今秋開業を目指し「中目黒駅高架下開発計画」を着工した。東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅周辺の高架下空間を約700mに渡って線状に開発,店舗,事務所など約40区画を設ける。目黒川から祐天寺方面へ,繁華街,住宅地を貫き開発することで,駅周辺の既存の商店街や緑道との回遊性をより高める。

開発コンセプトはSHARE(シェア)で、全長約700mに渡る高架橋というひとつ屋根の下を,個性あるさまざまな店舗がSHAREし,「中目黒らしい街の楽しみ方」ができる新しい商店街のカタチを目指す。

⇒⇒ 東急 中目黒駅高架下開発計画  http://www.tokyu.co.jp/file/160119-1.pdf



●中目黒駅1日平均乗降人員(2014年度)
・東急東横線:187,998人(前年比+1.1%)
・東京メトロ日比谷線:215,568人(前年比+3.1%)


■計画概要(予定)
・敷地面積:約8300平方メートル
・延床面積:約3600平方メートル
・所在地:東京都目黒区上目黒1-219ほか
・用途:店舗・事務所(約40区画)、駐輪場等
・交通:東急東横線、東京メトロ日比谷線中目黒駅
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1697-bca726a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック