FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 このところ,公用車による湯河原別荘通い,政治資金流用疑惑で何かと批判を浴びている舛添東京都知事。 都知事の権力の大きさの裏付けともなる,「東京の巨大さ」を分析してみる。

 まずは,THE PAGEの記事,「予算13兆円、職員16万人…東京都知事の権力と影響力」 2014.01.29 16:23 https://thepage.jp/detail/20140129-00000007-wordleaf の読み込みからスタート。

 東京都の予算は,アジア諸国の国家予算並みの巨額。そして,全国都道府県で唯一,国からの地方交付税交付金や補助金を必要しない。こうしたことから,都知事の裁量権も非常に大きい。

2016-05-toukyou01
              出典: https://thepage.jp/detail/20140129-00000007-wordleaf 


>>>
国家並みの予算規模

 東京都(職員数16万人)の年間予算は約13兆円。この金額は,ほかの府県のおおよそ10倍,インドネシアなどの国家予算にも匹敵する。都は国の交付金や補助金に依存していないことから,都知事はその巨額の予算の裁量権も非常に大きい。

 そして,「都」はは府県と市の2つの役割を合わせた都市制度なので、そのトップには知事と市長の2つの権限がある。こうした行政組織体制が,都知事を特別な存在にし、権力を強くしている面がある。


>>>東京都の経済力

 東京都は国の税収の4割を集め、株式売上高の約9割、銀行貸出残高の4割、大企業の本社、外国企業の5割を有している。その経済規模は、都内総生産が92兆4000億円(2011年度)と、GDPベースで他の国家と比べても世界第14位に相当し、総生産額で韓国を上回る。

 金融市場も、東京はニューヨーク、ロンドンと並んで国際的に大きな影響力があります。さらに、政治、行政、経済の中枢機能が集中しているうえ、テレビ局、新聞社、出版社、通信社、インターネット企業などの本社機能も集まっているため、全国に向けた情報発信力も非常に強い。こうした点も都知事が注目を集める理由と考えられています。
 
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1758-d78417c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック