FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
【福岡空港の遅延率13.62%】 羽田に次いでワースト2位のワケ

 かつて,羽田空港で飛行機が遅れると,全国に遅れが広がる,といわれた。それが,今では―。

 「福岡空港の遅延が全国に影響している」という。羽田の遅延の10%は,福岡の遅れが要因らしい。国内バブ空港の遅れが全国の地方空港の遅れにつながるのはもっとも。ところが,“ドル箱”の羽田便を擁する福岡は,バブ空港の足を引っ張るほど,遅れが深刻である。

2013年度の福岡(国内線)の遅延率は13・62%。羽田(14・29%)に次いで,全国の主要空港でワースト2位だった。

 続いて,関西(13・32%),那覇(12・60%),成田(11・83%),新千歳(11・68%),中部(9・69%),大阪(8・66%),鹿児島(7・95%),仙台(7・01%)―とい順である。

 遅延率は,飛行機が到着した回数のうち,15分以上遅れた回数の割合。福岡は100便のうち13便が遅れていた。

 さらに,注目すべきは,「多くの空港で遅延率が悪化の傾向にある」点である。 背景にあるのが,格安航空会社(LCC)の存在。定期便の相次ぐ就航で,混雑度合いが増している。 中でも,福岡は著しい。遅延率は5年前の8・45%から5・17ポイント悪化していた。
 滑走路は1本。発着回数は限界に迫り,今年3月には国から「混雑空港」に指定された。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1791-f8365005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック