FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 ドラッグストア業界は,競争激化に伴い新業態ラッシュとなっている。

▼セブン&アイ・ホールディングス
 セブン&アイ・ホールディングスは,調剤薬局最大手のアインファーマシーズと提携にし,イトーヨーカドー内のドラッグ売り場の刷新を進めている。
 今年8月,イトーヨーカドー船橋店(千葉県船橋市)内に新型売り場「セブン 美のガーデン」が出店。運営は,アインファーマシーズとの共同出資会社「セブンヘルスケア」が運営を担当。総合スーパーが従来弱かった20~30代の女性を狙って化粧品を強化したほか、介護用品も扱い「全世代対象」の店を指向する。

0912-gotanda


▼マツモトキヨシ

 マツモトキヨシが地下鉄五反田駅構内にオープンした「Medi+マツキヨ」1号店。薬剤師を置かず、2、3類医薬品や健康食品を主に扱う。面積、品ぞろえともに通常店の5分の1程度


ドラッグストア名鑑2009
販売元:日本ホームセンター研究所
発売日:2008-09-18
クチコミを見る
ドラッグストアの数字の基礎ドラッグストアの数字の基礎
著者:阿部 年記
販売元:商業界
発売日:2009-09-29
クチコミを見る


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/180-1dfaa0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック