FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 内閣府が8日発表の「5月の景気ウオッチャー調査」 http://www5.cao.go.jp/keizai3/2017/0608watcher/menu.html
によると,街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)は前月比0・5ポイント上昇の48・6で,2カ月連続で改善した。基調判断は前月の「持ち直しが続いているものの,引き続き一服感がみられる」から「持ち直しが続いている」に上方修正した。製造業,非製造業とも受注が好調だったことが景況感を押し上げた。

 地域別 http://www5.cao.go.jp/keizai3/2017/0608watcher/watcher1.pdf では,九州 http://www5.cao.go.jp/keizai3/2017/0608watcher/kyushu1.pdf ,東北,北陸,四国の4地域で低下した一方,残る7地域で上昇した。九州は2・1ポイント低下の47・8と2カ月ぶりに悪化し「特売商品の構成比を高くしているのに,来客数が前年を下回っている」(スーパー)▽「受注量と売り上げが減少している」(窯業・土石製品製造業)−といった声があった。2〜3カ月先の見通しを示す先行き判断指数は,全国が0・8ポイント上昇の49・6で,2カ月連続の改善。九州はスーパーや衣料品店,ホテルなどが懸念を示し,1・8ポイント低下の49・0と2カ月ぶりに悪化した。


2017-05-kiki01

◆今月の動き(5月)

5月の現状判断DI(季節調整値)は,前月差0.5ポイント上昇の48.6となった。
家計動向関連DIは,飲食関連等が減少したものの,住宅関連等が上昇したことから横ばいとなった。企業動向関連DIは,非製造業等が上昇したことから上昇した。雇用関連DIについては,低下した。
5月の先行き判断DI(季節調整値)は,前月差0.8ポイント上昇の49.6となった。
家計動向関連DI,企業動向関連DI,雇用関連DIが上昇した。
なお,原数値でみると,現状判断DIは前月差0.3ポイント低下の50.1となり,先行き判断DIは前月差1.1ポイント上昇の51.5となった。
今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方は,「持ち直しが続いている。先行きについては,人手不足に対する懸念もある一方,引き続き受注や設備投資等への期待がみられる」とまとめられる。


 
vol,2は「消費・行動編」。さまざまなデータから見えてくる47都道府県の個性。 各自治体の現在の傾向を知り、ビジネスの即戦力として役立つ県別ランキング掲載項目(都道府県別):特産品/マップ/ご当地料理/ご当地調味料/てっぱん"食"みやげ/特色/現地で役立つ方言etc/外国人旅行者/観光名所/祭り・イベント/お土産・民芸品/血液型分布/郷土と県民性/全国ランキング100選/基本データ/生産と消費/情報化/店舗数と出荷・販売額
 さまざまなデータから見えてくる47都道府県の個性。各自治体の現在の傾向を知り、未来の対策を立てるのに役立つ最新版県別ランキング。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1817-35e1f217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック