FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
東京都議選 都民46,自民42 公明と連携,小池与党が過半数突破 民進党は「1」で大惨敗か 
                                      出典:「夕刊フジ」 2017年6月15日

 東京都議選(23日告示,7月2日投開票)は,小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」(小池新党)と,宿敵・自民党の対立に注目が集まる。政治ジャーナリスト,鈴木哲夫氏の議席予測によると,「小池新党=46議席,自民党=42議席」との結果が出た。自民党は42議席で第2党に転落。民進党は蓮舫代表のおひざ元ながら,1議席と大惨敗を喫する-。

 小池氏が告示直前にブチ上げるとされる「豊洲新市場移転,築地再活用」方針と,学校法人「加計学園」(岡山市)問題の影響とは。予測通りなら,小池新党が公明党などとの連携で,都議会の過半数を握ることになる。

 鈴木氏は「都議選の最大の争点は『築地市場の豊洲新市場への移転』問題になるはずだったが,小池氏が事前に豊洲移転の方針を固めたことで,大きな争点が消えてしまった」と語る。

 なお,投票率は,前回2013年が43・5%,09年が54・5%,05年が44%で推移してきた。40%台なら組織票を固めた政党が有利だが,50%を超えると無党派層の票が動く。こうした浮動票は小池新党,共産党に有利に働く。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1818-f2654126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック