FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
都民ファースト大躍進 「小池ガールズ」は全員当選の勢い



 7月2日投開票の都議選。今回の選挙は,42の選挙区で127の定員に対して259人が立候補していて,都民ファーストの会や公明党など小池都知事を支持する勢力が過半数の議席を獲得するのか,自民党が第1党を維持するのかが焦点となっている。今回の都議選は,豊洲市場(江東区)への移転問題など小池都政の評価が争点。学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題などで安倍政権への逆風が強まる中での選挙戦となり,選挙結果次第では安倍晋三首相の政権運営にも影響を及ぼす。

 予想では自民は38議席という過去最低記録を更新しそうな大逆風。一方,小池都知事率いる都民ファーストの会(都ファ)は大躍進で,「小池ガールズ」は全員当選の予想も出ている。

 都ファは公認50人中,17人が女性。都ファの候補者が女性1人だけの選挙区はどこもトップ当選の可能性が出ている。1人区の中央区でも,都ファの候補が自民と大接戦がが先行している。

 都ファの候補者が2人いる選挙区でも,ともに女性の江戸川区は2人揃って当選圏内。男女1人ずつ(無所属都ファ推薦含む)擁立した選挙区では,女性候補が男性候補より優勢である。

女性議員は最大5割増か

 定数127の都議会で現在,女性議員は25人。この人数も最大5割増となりそう。都ファ17と無所属2のほか,自民2,公明3,共産11,生活者ネット1の合計36人の女性候補に当選の可能性がある。

>>>自民党の高木啓幹事長 政活費の不適切支出
 東京都議会自民党の高木啓幹事長(51)が、高級クラブなどの飲食費に政治資金を使っていたことを認め、「不適切だった」と謝罪した。2016年10月6日、日本テレビの取材に答えた。高木氏は、飲食費に使った40万円の返金処理を終わらせたと説明している。誰と行ったのかは覚えていない、とも話した。高木氏の政治資金収支報告書には、13年に新宿・歌舞伎町のバーに1回で20万円、銀座の高級クラブに2回で19万円以上を「政策懇談会」の名目で支出したという記載があった。この問題は、「週刊文春」10月13日号(10月6日発売)に「ドン内田一派の『政活費』を暴く!」と題して掲載された特集の中で指摘されていた。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1819-df67f6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック