FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 42選挙区(127議席)で実施された都議選は,「誰も想定しなかった自民党の歴史的惨敗」となった。自民党は,現有の57議席から30議席以上減らし、当選者は史上最低の23人にとどまった。
 小池知事が代表を務めた地域政党「都民ファーストの会」が追加公認も含めて55議席を獲得,選挙協力した公明党などとの合計は79議席で過半数(64議席)を大きく上回り,「小池与党」が"都議会制圧"を果たした。都民ファーストは50人の公認候補のうち49人が当選し、推薦した民進党離党組などの無所属の当選者6人も直ちに追加公認した。

 東京都議選では,小池知事の「協力勢力」が圧勝した。再び政権交替が起きるには「自公分断」と「民進党分裂」が必要だが,今回の都議選で小池知事はそのいずれにも成功している。一方,自民党は「公明党の組織力依存症」とでもいうべき組織の脆弱性が明らかになった。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1820-c2af0d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック