エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
北九州市の人口減4980人 3年連続でマイナス幅「日本一」

 総務省が5日発表した人口動態調査(2017年1月1日現在)で、北九州市の前年からの人口減少数は4980人で,市区町村では3年連続で日本一となった。

 1月1日現在の市の人口は96万6628人。減少数の内訳は、転入数から転出数を引いた社会動態のマイナスが全国1位の1861人、出生数から死亡数を引いた自然動態のマイナスが5位の3119人だった。

 北九州市によると、人口減少数は昨年の5317人からやや改善。このうち社会減は昨年の2573人から712人減ったが、自然減は昨年の2744人から375人増えた。今年は6月末までの社会減は1463人。昨年同時期と比べ221人少なく、減少幅は改善傾向にあるという。

 市の人口は1979年の106万8415人をピークに減少が続いており、市は15年度に策定した総合戦略で19年度までに社会動態をプラス転換させる目標を設定。その一環として、本年度は市内に就職する大卒生らの奨学金返済を肩代わりする制度を創設した。

 
vol,2は「消費・行動編」。さまざまなデータから見えてくる47都道府県の個性。 各自治体の現在の傾向を知り、ビジネスの即戦力として役立つ県別ランキング掲載項目(都道府県別):特産品/マップ/ご当地料理/ご当地調味料/てっぱん"食"みやげ/特色/現地で役立つ方言etc/外国人旅行者/観光名所/祭り・イベント/お土産・民芸品/血液型分布/郷土と県民性/全国ランキング100選/基本データ/生産と消費/情報化/店舗数と出荷・販売額
 さまざまなデータから見えてくる47都道府県の個性。各自治体の現在の傾向を知り、未来の対策を立てるのに役立つ最新版県別ランキング。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1823-1fa7af48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック