エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
>>>福岡県 オープンデータサイト開設 統計など公共情報を自由に閲覧

 福岡県は6月28日,人口統計資料や農業白書など,さまざまな公共情報を自由に利用してもらう「県オープンデータサイト」を開設した。公開するのは195種類約4千件のデータで,誰でもネット上で検索,利用できる。

 福岡市,北九州市と共同運営

 システムは福岡市と北九州市が運営する「自治体オープンデータサイト」を活用。同サイトでは2016年から,福岡市と北九州市がデータを公開している。県も加わることで,データ数は約500種類約6200件に上る。全国の自治体が運営している同様のデータサイトの中でも,最大規模である。

 キーワード検索や分野ごとのタグ検索ができ,データの二次利用も自由。県と2市のデータの横断検索が可能となるため,利便性が向上する。例えば,路線価や国勢調査のデータを活用して不動産の価格を予測するアプリ開発といった企業活動の活性化効果が期待される。

 ⇒⇒ 福岡県オープンデータのアドレス: https://www.open-governmentdata.org/fukuoka-pref/

 
vol,2は「消費・行動編」。さまざまなデータから見えてくる47都道府県の個性。 各自治体の現在の傾向を知り、ビジネスの即戦力として役立つ県別ランキング掲載項目(都道府県別):特産品/マップ/ご当地料理/ご当地調味料/てっぱん"食"みやげ/特色/現地で役立つ方言etc/外国人旅行者/観光名所/祭り・イベント/お土産・民芸品/血液型分布/郷土と県民性/全国ランキング100選/基本データ/生産と消費/情報化/店舗数と出荷・販売額
 さまざまなデータから見えてくる47都道府県の個性。各自治体の現在の傾向を知り、未来の対策を立てるのに役立つ最新版県別ランキング。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1832-508fb173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック