FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
波田陽区さん 2016年春,妻子を伴い活動拠点を東京から九州に移す
                                   出典:「新潮45」8月号

 「新潮45」8月号で「一発屋」を自称する髭男爵山田ル 「新潮45 2017年 08 月号」で「一発屋」を自称する髭男爵山田ルイ53世が,同じ芸人の立場から波田陽区の芸を分析,また福岡の後輩芸人たちにも取材し,波田陽区の辿りついた境地を笑いたっぷりに描いている。

「●●ですから!残念~!!」

 ギターを手に,数々の有名人を斬る芸で一世を風靡した“ギター侍”こと波田陽区。
しかし,いつしか“一発屋”と呼ばれるようになり,東京での仕事も激減する。

 波田は,「丁度,子供が小学校に上がるタイミングで,自分の環境を変えるには,もうここしかないと」し, 2016年春,波田陽区は,妻子を伴い活動拠点を生まれ育った山口にほど近い九州に移した。 

一時期を作り,全国区の知名度を持つ“一発屋”が地方に移り住み活動したという例は,前例がないという。その意味で,波田の決断は画期的だったと言える。芸の発明ではなく,生き方の発明……一発屋の働き方改革である。

「『東京から逃げた』『福岡舐めるな!』と言う人もいると思う。でも,決して福岡を舐めて来たわけじゃないし,東京に戻りたいとは一切思わない。お笑い芸人として福岡にずっと住むつもりです」


◆波田陽区の言・・・・・・・
「福岡では,一日に2,3個仕事が入る時もあり,『働いてる! 人に必要とされてる!』と凄く嬉しい。事務所や先輩……色々な方が助けてくれて,“今は”一つ一つの仕事に感謝してます」

「九州方面の営業が増えました。東京から芸人を呼ぶより交通費がかからないから有利なんです!」

「義母が何年か前に病気で亡くなって,義父は熊本に一人暮らし。僕の親は山口だから,両方2時間ぐらいで行ける。福岡は丁度良いんです」


◆髭男爵・山田ルイ53世
 正直波田のことは,好きでも嫌いでもない。一発当てた彼の芸は尊敬するが,人間としては欠点の多い男だと思っている。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1835-9ad2fda8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック