FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 長野県内の県内公立小中学校の学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)など発達障害の児童生徒数は,08年9月末現在、3065人(全体比1・62%)と過去最高の人数であることが,県教育委員会の調査で判明。

 小中学校での調査はLD・ADHDのほか、大人に対して反抗的な言動などを過剰に繰り返す反抗挑戦性障害、自閉症などが対象。2007年度からは広汎性発達障害の一種「アスペルガー症候群」の項目も追加した。

 本年度調査での発達障害該当者の合計は、小学生2169人、中学生896人。調査を開始した03年度は、小学生217人、中学生39人で、小中ともに増加傾向にある。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/19-93f413ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック