FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
巨大マーケットアジア市場へ向けて 空の物流の拠点として沖縄・那覇空港の存在感高まる。

 鹿児島県は8日那覇空港を利用した輸出の機会を増やそうと,県内企業や海外からのバイヤー約30社を招き商談会を招き商談会を開いた。


鹿児島県では、鹿児島港から出入りする船便と、沖縄・那覇空港発着の航空貨物便を活用した鹿児島独自の新たな輸送ルートを去年、発表した。

 このルートを使えば、香港に商品を発送する場合、全て航空便を使うよりも日数は1日から2日多くかかるが,条件次第では輸送費は4割程度低減できる。

 鹿児島県内産の加工品を除く農林水産物の、昨年度の輸出額は、155億円と伸び続けており,鹿児島県は、この独自のルートを利用して、アジア地域に県内産の農林水産物の輸出拡大を目論む。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1921-064bd327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック