エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
『神様のカルテ』-小平奈緒選手の所属先病院がモデル



 平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)のスピードスケート女子500メートルで,小平奈緒選手(31)は金メダルを獲得。1000メートルでは惜しくも頂点に届かなかったが,不利なアウトスタートで1分13秒82をマークしての2位。

 小平奈緒選手の所属先の相澤病院(松本市) http://www.ai-hosp.or.jp/。 相澤病院は小説『神様のカルテ (小学館文庫)』(夏川草介著)のモデルとなり,櫻井翔や宮崎あおいが出演して映画化され話題を呼んだ名物医院である。
 大学卒業時,内定していた企業への入社が白紙となり,選手生命の危機に陥ったことがある。それを救ったのが,現在の所属先の相澤病院である。当時の日本経済は低迷し,学生は就職難。信州大教育学部の学生だった小平も,内定を得ていた企業への入社が白紙になった。
 相澤病院にはスケート部があるわけではなく,所属アスリートも小平ただ1人。小平は電車で1時間ほどかかる長野市のスケートリンク「エムウェーブ」を拠点に,大学時代から師事する結城匡啓コーチ(52)の指導を受けている。




栗原一止は信州にある「二四時間,三六五日対応」の病院で働く,悲しむことが苦手な二十九歳の内科医である。職場は常に医師不足,四十時間連続勤務だって珍しくない。ぐるぐるぐるぐる回る毎日に,母校の信濃大学医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば最先端の医療を学ぶことができる。だが大学病院では診てもらえない,死を前にした患者のために働く医者でありたい…。悩む一止の背中を押してくれたのは,高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。二〇一〇年本屋大賞第二位,日本中を温かい涙に包み込んだベストセラー,待望の文庫化。



ミッション

わたしたちは,時代の要請を的確に捉えて,医療・介護の改革に夢と情熱をもって挑戦する
わたしたちは,治す医療,癒す医療,支える医療・予防医療・介護・生活支援を統合して提供し,安心してその人らしく暮らし続けることができる地域を創る
わたしたちは,医療・介護・経営の質を高める努力を継続し,社会に貢献する

ビジョン

相澤病院は,救急医療と急性期医療を充実・強化し,急性期基幹病院として地域の医療機関との役割分担を明確にして連携を推進する広域型医療を展開する
相澤東病院は,支える医療を中心として,在宅医療・介護・生活支援との円滑な連携を図る地域密着型医療を展開し,地域包括ケアシステムの医療の中核として,地域在宅医療支援センターと緊密に連携し,その人らしく安心して暮らし続けることができる地域を創る
地域在宅医療支援センターは,地域包括ケアシステムにおける訪問系サービスと生活支援の中核として,相澤東病院やかかりつけ医と協働して,人生の最後まで安心して自分らしい暮らしが続けられる地域を創る
相澤健康センターは,疾病の早期発見と生活習慣病の予防を推進して,健康寿命延伸に貢献する
医療・介護の継続的な質改善を促進し,安全で質の高い医療・介護を行う
患者・利用者の視点に立った思いやりと確かな専門技能を有し,チームの一員として互いに協力し合い,情熱をもって前向きに行動できる人財を育て,時代の要請に応える
組織マネジメントを強化して,コストの適正化と仕事の効率化を図り,変革に的確に対応できる組織文化を創る

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1925-e859402b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック