FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


「奇跡のV字回復を果たした」日本有数のリゾート地・熱海。熱海は,高度経済成長期からバブル期にかけて大いに栄え,ホテルや旅館などの宿泊施設,企業の保養所,リゾートマンションがひしめいていた。

だが,バブル崩壊で観光客が激減し,宿泊施設利用者数は1991年度の440万人から2002年度には300万人を割り込んだ。さらに,リーマンショックや東日本大震災などの影響で,2011年度には246万人まで落ち込んだ。
そんな中,宿泊施設が次々廃業し,保養所は売りに出され,マンションや商業施設の開発計画の断念もあって,市内の各所に建設途上の建物や更地が放置される事態に陥っていた。

その熱海が2015年度に宿泊施設利用者数が308万人まで回復した。そして「今の熱海のホテルラッシュはおそらくバブル期以来だ」という。 

熱海の観光客の主力は,熱海にネガティブな先入観を持たない若者に移りつつある。また,2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え,今はまだ少ない外国人観光客の増加もこれから見込める。そこで熱海の成長余力は大きいとみる投資家も多い。それが,ホテル計画がラッシュの背景にある。

象徴的な動きが,中国系投資会社による高級ホテル「熱海パールスターホテル」の進出である。このホテルの前身は,10年もの間空きビルだった巨大な複合商業施設「aune ATAMI」(その前はつるやホテル)である。
「金色夜叉」の舞台で熱海の観光名所「お宮の松」の正面にある建物を,香港に拠点を置く企業グローリー・チャンピオン・エンタープライズ・リミテッドがホテルとしてリニューアルする。運営は,国内各地で温浴施設などを手がけるネスパ(東京都練馬区)が担う。 

リゾート地は金融情勢や自然環境の影響を受けやすい。この勢いはどこまで続くのかしばらく目が離せない。なお,熱海仁樹の波及効果で熱海市の隣の伊東市では,沿岸部の閉鎖ホテルに路線価の10倍を付ける売り主も出てきているという。




◆ 楽天トラベル 「熱海のホテル・旅館-評価が高い順」 (全135件リストアップ)◆


◆ 楽天トラベル 「熱海のホテル・旅館-料金の安い順」 (全135件リストアップ)◆


◆ 楽天トラベル 「熱海のホテル・旅館-地図から探す」(全135件リストアップ)◆
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/1987-3beaeabe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック