FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
JR北海道 来秋の運賃値上げを正式表明

JR北海道の経営は極めて厳しい。各線の利用者数は人口密度の低さもあって極端に少なく,今後も期待はできない。寒冷地であるため車両や橋,トンネルの老朽化は深刻な問題である。

JR北海道 https://www.jrhokkaido.co.jp/  の島田修社長は,2018年10月の道庁の関係者会議で,運賃値上げを正式に表明した。来年10月の消費税10%引き上げのタイミングを想定している。実施されるのは23年ぶりで,発足以来2回目となる(消費増税転嫁分を除く)。値上げ効果は年間40億円規模。1996年の運賃改定と比較すると,消費税の転嫁分込みで10%前後の値上げと予想される。

島田社長は,「5年間の収支見通しについて」との文書も公表した。営業収益について2017年度897億円から2023年度933億円の増収を見込む。災害のあった2018年度予想と比べると,2023年度は96億円の収支改善を期待する。

JR北海道は,5年間の収支見通しにおいて,国から年200億円の継続支援があると推計した。青函トンネルや貨物列車の走る函館線や石勝線などの設備改良を進めれば,中期的に修繕費は抑制できて,北海道新幹線など幹線の赤字は大幅に減少するとする。

ただし,JR北海道は,5カ年計画の終わる2023年度でも,単体の当期純利益を90億円の赤字(2017年度は109億円の赤字)と試算している。黒字化のメドを示せないのは,沿線自治体からの財政支援額を「ゼロ円」としたからである。

 ⇒⇒ JR北海道  地域交通を持続的に維持するために  https://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/index.html

JR北海道では,将来にわたり持続可能な形で安全最優先の鉄道事業を運営する社会的な使命を果たすために,地域における交通手段の確保を前提に,鉄道を持続的に運営するための方策や地域にとってより効率的で利便性の高い交通サービスのあり方など,それぞれの地域に適した「持続可能な交通体系のあり方」について,地域の皆様にご相談させていただき,皆様とともに取り組んでいきたいと考えております。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/2005-2a325d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック