FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える

 
  出典:新日本海フェリHP  敦賀-苫小牧東に就航している同等クラスのフェリー 「すずらん」:全長224.5m 全幅26m



 神奈川県横須賀市は,2018年12月18日に横須賀港と福岡県の北九州港を結ぶ長距離フェリーを開設すると発表しました。
就航は2021年春の予定です。なお北九州側の発着港は、まだ決まっていないとのことです。

>>>横須賀港~北九州港 新規フェリー航路開設計画について(市長記者会見)(2018年12月18日)

 新航路は1日1便、日曜を除く週6便の運航。170台の貨物車を積載できる約1万6000総トン級のフェリー2隻体制で運行し,横須賀~北九州間527マイル(976km)を、20時間30分で結びます。阪九フェリーと新日本海フェリーを中心とするSHKライングループが運航を担当し、就航に際し新会社を設立します。

 

>>横須賀港~北九州港 新規フェリー航路開設計画について(横須賀市長記者会見)(2018年12月18日)          出典:https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/index.html

 新航路は1日1便,日曜を除く週6便の運航。170台の貨物車を積載できる約1万6000総トン級のフェリー2隻体制で運行し,横須賀~北九州間527マイル(976km)を,20時間30分で結びます。阪九フェリーと新日本海フェリーを中心とするSHKライングループが運航を担当し,就航に際し新会社を設立します。

このたび,横須賀港と北九州港を結ぶ新規フェリー航路の2021年春の就航を目指し,本市,北九州市及びフェリー航路を運航するSHKライングループが連携して航路開設に向けて動き出しましたので,次のとおりお知らせします。
1.概要:昨今のトラックドライバー不足の深刻化や環境問題などを背景に,海上輸送へのモーダルシフトの需要がますます高まっています。
このような状況も踏まえ,本市ではフェリー等による横須賀港での定期航路の実現を目指し,精力的にポートセールスを行ってきました。
この取り組みが実を結び,このたびSHKライングループが北九州港とのフェリー航路の開設に向け検討することとなりました。
2.運航形態:総トン数約16,000トン級のフェリー2隻体制として,横須賀~北九州間において1日1便のデイリー運航(片道20時間30分・週6便)が行われることにより,関東経済圏と九州経済圏を海で結ぶ物流と旅客の大動脈が形成されます。
3.運航開始:2021年春に商業運航の開始を予定しています。









スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/2011-d492e453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック