FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
山梨県知事選  自公推薦の長崎氏当選確実

山梨県知事選挙は27日,投票が行われ,自民党と公明党が推薦した新人で元衆議院議員の長崎幸太郎氏が立憲民主党と国民民主党が推薦した現職の後藤氏らを破り,当選を確実にしました。


長崎氏は,東京都出身の50歳。財務省の職員などを経て、2005年のいわゆる「郵政選挙」で衆議院山梨2区に自民党から立候補して初当選し、3期務めましたが,前回・おととしの選挙で落選しました。

選挙戦で長崎氏は,政府・与党とのパイプを生かしてインフラの整備などを進めると訴え,支援した自民・公明両党は党の幹部が次々と応援に入るなど徹底した組織戦を展開しました。

その結果,自民党と公明党の支持層を固めたほか,支持政党を持たない無党派層などからも一定の支持を集め,初めての当選を確実にしました。

一方,2期目を目指した後藤氏は特定の政党に偏らない「県民党」の立場を掲げ、幅広い層に支持を呼びかけましたが及びませんでした。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/2019-f7cef63b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック