FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える

日銀,九州・沖縄など3地域の景気判断引き下げ

 日銀発表の4月の地域経済報告(さくらリポート)によると,全国9地域のうち東北,北陸,九州・沖縄の3地域の景気判断を引き下げた。北海道の判断は引き上げた。




⇒⇒ 日銀  地域経済報告―さくらレポート―(2019年4月)
                  http://www.boj.or.jp/research/brp/rer/rer190408.htm/
(1)各地域の景気の総括判断

各地域の景気の総括判断をみると、引き続き全ての地域で「拡大」または「回復」としている。前回(2019年1月時点)と比較すると、輸出・生産面で海外経済の減速の影響が指摘される中、3地域(東北、北陸、九州・沖縄)が判断を引き下げる一方、5地域(関東甲信越、東海、近畿、中国、四国)が判断を据え置いている。また、北海道は、地震の下押し圧力が解消したことから判断を引き上げている。

こうした各地域の判断の背景には、企業・家計の両部門において所得から支出への前向きな循環が働くもとで、国内需要の堅調な動きが続いていることが挙げられる。すなわち、足もとでは輸出や生産に海外経済の減速の影響がみられるものの、企業収益が総じて良好な水準を維持するもとで、設備投資は増加傾向を続けているほか、個人消費も、雇用・所得環境の着実な改善を背景に、振れを伴いながらも、緩やかに増加している。

∇各地域の景気の総括判断と前回との比較
【19/1月判断】 前回との比較 【19/4月判断】
北海道 基調としては緩やかに回復しており、北海道胆振東部地震の影響による下押し圧力は緩和を続けている 右上がり 緩やかに回復している
東北 緩やかな回復を続けている 右下がり 一部に弱めの動きがみられるものの、緩やかな回復を続けている
北陸 拡大している 右下がり 緩やかに拡大している
関東甲信越 緩やかに拡大している 不変 輸出・生産面に海外経済の減速の影響がみられるものの、緩やかに拡大している
東海 拡大している 不変 拡大している
近畿 緩やかな拡大を続けている 不変 緩やかな拡大を続けている
中国 緩やかに拡大している 不変 緩やかに拡大している
四国 回復している 不変 回復している
九州・沖縄 しっかりとした足取りで、緩やかに拡大している 右下がり 緩やかに拡大している
  • 前回との比較の「右上がり」、「右下がり」は、前回判断に比較して景気の改善度合いまたは悪化度合いが変化したことを示す(例えば、改善度合いの強まりまたは悪化度合いの弱まりは、「右上がり」)。なお、前回に比較し景気の改善・悪化度合いが変化しなかった場合は、「不変」となる。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/2042-bd7e9f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック