FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 自民党の石破茂政調会長(衆院鳥取1区)は,民主党の石井一選挙対策委員長が「鳥取県とか島根県は日本のチベットのようなもの」と発言したことに対し,「日本海側の人間は,かつて『裏日本』といわれ,悔しい,悲しい思いをしてきた。そういう人たちの気持ちをまったく考えない発言で,断じて容認しがたい」と批判した。


 石井氏は,都内で開かれた鳥取選挙区選出の民主党議員のパーティーで「鳥取県とか島根県といったら日本のチベットみたいなもんで、人が住んでいるのか。牛が多いのか。山やら何やらあるけど人口が少ない所だ」などと発言した。





 100世帯当たり軽自動車保有台数が多いのは,鳥取県92台,島根県90台,佐賀県88台,長野県88台,山形県86台,福井県82台である。ちなみに,東京都は10台である。





  島根県発表のは,09年10月1日現在の推計人口によると,24年連続の減少となる前年比5090人減の72万112人。社会減が落ち着き、減少幅は前年(6450人)より縮小した。高齢化率は0・4ポイント上昇し28・9%。知夫村は2人に1人が高齢者の50・5%となった。

 社会減は1864人(前年3277人)で5年ぶりの千人台。県外転出1万5047人(前年比1533人減)に対し、転入1万3183人(同120人減)だった。出生数と死亡数を差し引いた自然減は3226人だった。1993年から自然減に転じ、昨年から3千人台となった。


産能マネジメントスクール

 -エリアマーケティング実践セミナー
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/205-3d02ccab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック