FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
JR北海道の19年3月期は418億円の営業赤字、最悪更新

JR北海道の2019年3月期決算短信によると,当期営業損益が418億円の赤字であった。


○2019年3月期通期連結業績:JR北海道

営業収益営業損益純損益
19年3月期 1710億円 △418億円 △179億円
前期実績 1737億円 △416億円 △87億円
次期予想 1727億円 △391億円 17億円

2019-05-30pl.jpg2019-05-営業収益
 基軸となる鉄道運輸収入は16億円の減収にとどめたが,ました。このほか運輸業では工事の請負が減少したこともあり、28億円の減収となりました。ホテル業ではJRイン千歳の新規開業、不動産賃貸業ではJRタワーで売り上げを挽回したことなどにより増収となり、連結売上高全体では27億円の減収にとどめました。連結営業費用は除雪費や人件費等の減少により25億円減少し、連結営業利益は前年度から小幅の悪化にとどまる418億円の赤字となりました。特別損益には札沼線(北海道医療大学~新十津川間)廃止に伴う経費などを計上しております。最終利益は過去最大の179億円の純損失となり、

 2018年9月に発生した台風21号および北海道胆振東部地震の影響により、鉄道運輸収入が16億円の減収にとどまったが,連結営業費用は除雪費や人件費等の減少により25億円減少し、連結営業利益は前年度から小幅の悪化にとどまる418億円の赤字となった。特別損益には札沼線(北海道医療大学~新十津川間)廃止に伴う経費などを計上し,最終利益は過去最大の179億円の純損失となった。

  ⇒⇒ 平成30年度決算:JR北海道




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/2053-33124803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック