FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
長崎県 運転免許返納が最多 75歳以上3071人 ---2018年長崎県警---

⇒⇒ 長崎県警 / 運転免許証の自主返納者に対する意識調査結果  ⇒

    https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/koureiunten/menkyoseido-bunkakai/cognitivef/c2_documents.pdf

2019-05-県警-免許


 長崎県警  http://www.police.pref.nagasaki.jp/police/  発表によると,2018年の1年間で自動車運転免許証を自主返納した長崎県内の75歳以上の高齢者は、認知機能検査を受けた人を含めて3071人(前年比133人増)で,統計が残る2010年以降、最多だった。
 75歳以上の高齢ドライバーの認知機能検査を強化する改正道交法が2017年3月に施行され2年が経過。2019年2月末までの2年間に、長崎県内では1035人が検査で「認知症の恐れ」と判定され、うち36%の373人(数字は暫定値)が運転免許証を自主返納している。

 長崎県警によると,改正法が施行されて2年間で認知機能検査を3万9624人が受け、973人が認知症の恐れがある「第1分類」に判定された。臨時検査では3095人中、62人が第1分類だった。

 第1分類とされた計1035人のうち、373人は免許証を自主返納。第1分類とされたうち301人は本人の希望で再検査を受け「認知機能低下の恐れがない」として別の分類に変更された。325人は義務付けられている医師の診断を受け、長崎県公安委員会に診断書を提出した。提出者の10人が認知症で免許取り消しとなり、37人は認知症ではないと診断されている。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/2055-00d0494b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック