FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
人口減少に伴う日本の消費市場の縮小は,これから本格化する。消費を担う中心世代を20~59歳として、25年ごとの人口の変化をみると,1970~95年に同年齢層は1241万人増加した(21%増)。95~2020年は1020万人減少(14%減)。その一方で、この四半世紀はその上の世代である60~74歳が651万人も増加した。そこで、多くの企業はターゲットを高齢者にシフトし対応してきた。
 これから(20~45年)は状況がはるかに厳しくなる。20~59歳は1542万人も減少する(25%減)。しかも、60~74歳も73万人減少する。

 人口減少による内需減少への対応策としては,
  ①出生率を高める
  ②輸出を増やす
  ③インバウンド(訪日外国人)観光客を増やす、
  ④移民による内需喚起
 が,あげられる。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/2135-beab6e98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック