FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 米国の旅行雑誌「Condé Nast Traveler(コンデ・ナスト・トラベラー)」が行った読者約60万人の投票による「2019年世界の観光都市ランキング」(Readers’ Choice Awards 2019)によると,東京が4年連続で第1位に選ばれた。京都も2年連続で2位となったとした。また,大阪も昨年の12位から5位にまで順位を上げた。

「Condé Nast Traveler(コンデ・ナスト・トラベラー)」誌とは
高所得者層を中心とした読者を持つ米国大手旅行雑誌の一つ。高品質の旅行,ホテル,レストラン,買い物などに関する最新情報を掲載し,読者数は約330万人にのぼる。「Travel + Leisure(トラベル・アンド・レジャー)」誌や「National Geographic Traveler(ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー)」誌と並び,人気の旅行雑誌である。

「Readers’ Choice Awards」とは
「Condé Nast Traveler」誌が1988年から実施している読者投票によるランキングであり,今回取り上げた「TOP 10 LARGE CITIES in the WORLD」の他にも,ホテルやクルーズなどテーマに合わせて様々なランキングが存在する。2019年のランキングでは60万を超える読者から投票があった。

      ***********************************




2019-TOP 10 LARGE CITIES in the WORLD
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/2166-609c51c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック