FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
参院選格差訴訟

 最大格差が3・00倍だった7月の参院選を巡り,二つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に起こした一連の「1票の格差」訴訟の判決。これまで判決の出た14件では「違憲状態」が2件,「合憲」12件である。「違憲状態」とした高松、札幌両高裁は「抜本的な制度の見直しが必要」などと指摘していた。一連の訴訟は12月に判決が出そろい、その後最高裁が統一判断を示す見通し。

 参院選で最高裁は、2010年選挙(最大格差5・00倍)と13年選挙(4・77倍)を違憲状態とし,合区が導入された16年選挙(3・08倍)を合憲と判断。18年の公選法改正で定数6増(埼玉選挙区2、比例代表4)となり,今回の選挙で格差はわずかに縮小した。



◆合憲
・福岡高裁那覇支部  11月13日 
・広島高裁      11月13日 
・名古屋高裁     11月  7日
・仙台高裁      11月  5日
・広島高裁岡山支部  10月31日
・東京高裁      10月30日
・福岡高裁宮崎支部  10月30日
・名古屋高裁金沢支部 10月29日
・仙台高裁秋田支部  10月25日

◆違憲
・高松高裁      10月16日
・札幌高裁      10月16日
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/2173-08298a8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック