FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
>>自民都連「対小池氏」で難航  来夏に都知事選

 来年7月5日投開票の日程が正式決定した東京都知事選で,候補擁立を目指す自民党都連(鴨下一郎会長)の人選が難航している。再選出馬が確実視される小池百合子知事への遺恨は根強いが,対抗馬が見つからず,自民党の二階俊博幹事長も小池氏支持の姿勢を続けているためだ。

 都連内には「小池憎し」の向きが強く,雪辱を果たそうと躍起になっているが,知名度の高い小池氏に対抗できる候補を擁立するのは容易ではない。丸川珠代元五輪相の名も挙がるが,本人は「国政で働きたい」と距離を置く。

 立憲民主党などは,野党側の候補者を一本化したいとしていて今後,各党間で調整が行われる見通しである。
 立憲民主党の東京都連会長を務める長妻代表代行は,NHKの取材に対し,小池知事の都政運営について,「介護や保育について掛け声はいいが,格差が大きくなってきているし,住環境にも改善が見られない」と批判しました。
 そのうえで「立憲民主党の理念を具現化する候補者を擁立すべく議論している。都民一人一人が持ち味を発揮できる都知事が望まれており,きちんとした選択肢を都民に示す必要がある」と述べました。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/2176-bfa3513a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック